福を 迎えに 何百里 # 2 No.2609

師走の忙しい平日 列車を乗り継ぎ 向かった先は 由布院

はるばる 加古郡播磨町から 九州の湯布院まで 行った理由とは・・・

来年こそは 我が家に を呼び込もう というプロジェクトでした

いま 巷で ちょっとした噂が広まっており なんでも 由布院にある

輪葉葉 という 陶器屋さんで売っている 猫の置物 を手にする

ことができると 福が舞い込んでくる らしいっす

手にした年から 成績がグングン良くなった 野球選手

TV 映画の仕事が どんどん舞い込んできた俳優さん

高額宝くじに当選した人 などなど まことしやかな話が

巷に 広まってます

そこで マネージャーさんと 娘さんの二人連れは 一大決心!

何としても 猫を手に入れて帰る

そう心に 誓ったようです

しかし この猫の置物 お店に行って 金を出せば すぐに手に入る

ってもんじゃないところが 大きなミソ 店主と娘さんの 二人で

手作りしてるようで 大量生産が できない
らしいっすよ 

AWH-1.png

こいつを 手に入れるには 毎日 朝11時から始まる 抽選会に参加し

当選した人だけが 買って帰ることができる という 抽選販売なのだ

一日の販売数は 40~50個これを目当てに 全国から人がやって来る

休日の 多いときは 何百人もの人が来るようで はるばる やって来ても

お目当ての 猫を 連れて帰れない人のほうが 多いのであ~る

前日から 由布院に乗り込んだ 我が家の二人 早朝からタクシーに乗り

輪葉葉 さんに一番乗りしたとのことです

師走の平日とあって この日 抽選会に来た人は ざっと 100~130名

この日の販売数は50個  ラッキーなことに 50%の確率です

しかも 二人で行ってるので どちらかは当たる!?

抽選券に 住所・名前を記入して 勇んで 箱に入れたらしいっす


WAH-2.png

厳正なる抽選の結果 

二人とも ハズレ~ 名前を呼んでもらえなかった (-_-;)

二人の落胆ぶりは 皆さんも 想像がつくことと思います

師走の平日 2日も仕事を休んで
はるばる 由布院まで来たのですから

この日の 当選確率が高かったばかりに なおのことですよね
(-_-;)


WAH-3.png

しかし 世の中 捨てる神あれば 拾う神あり

落胆ぶりを 見かねたのか  月光仮面のような おじさん が現れ

「 私の 当選券 使ってください 遠慮はいりません 」

「 店主には ちゃんと 言っておきましたから 」

そう言うと 月光仮面は すっと何処かへ 行ってしまわれたとのこと


ホントは 当選券の 譲渡は禁止ということに なってるらしいっす

御礼を言いながら マネージャーさん 大泣きで泣き崩れた のだと

娘さんは 申しておりました  まさに 天から蜘蛛の糸 ですね

マネージャーさん 由布院まで来て 人の優しさ にふれた ことが

嬉しくて 思わず泣き崩れてしまった らしいっす

月光仮面の おじさん ほんとに ありがとうございました


WAH-4.png

そんな こんなで 我が家にやって来た を抱えた 猫様 です

よくぞ いらっしゃった  お待ち申しておりましたぞ たいねこ様

何とも かわゆい じゃあ~りませんか


WAH-5.jpg


でも  調子に乗って こんなこと 👇 してたら

も 逃げてしまうかもね 

年末ジャンボ 1等 10億円  1千万 7百万 の3種類

買ってきましたよ! 運が良けりゃ年末には 10億1千7百万円が

当たるかもしれない なんて 淡い夢を 見てるのですが・・・

ダメダメ そんな浴を張っちゃ も逃げて行くよねえ~

WAH-6.jpg

今は 玄関の下駄箱の上で 他の猫君達と一緒に

が訪れる ことを祈って 鎮座してもらってます


WAH-8.png  

  http://www.kobo-wahaha.com/annai.html  輪葉葉のHP

宜しくニャ~

スポンサーサイト

福を 迎えに 何百里 # 1 No.2608

師走で 世間様は大忙し その真っ只中 こともあろうに

マネージャーさんと 娘さんの 二人連れ  旅に出掛けられました

こんなのに乗って 西へ 西へ

YUF12-1.jpg

こんなのを 乗り継いで こんどは南を 目指したそうな

YUF12-2.jpg

あらま 豪勢な車内ではありませんか

YUF12-3.png

着いたところは こんな所

YUF12-4.jpg

ほほ~ なかなか 良さげな ところでありますなあ~

YUF12-5.jpg

お宿がまた古風なで 洒落たところだったそうな

YUF12-6.jpg

お部屋は 露天風呂付きの 純和風 ほっこり落ち着くわなあ~

YUF12-7.jpg

こんなもの 食べたらしいっす  口 腫れるでえ~

YUF12-8.jpg

9月から こっち マネージャーさんも たいへんな毎日だったから

少しは 羽を 伸ばして 気分転換してもらわにゃね  よかたい よかたい

そんなプチ旅行かと思いきや ・・・

マネージャーさんと 娘さんの ホントの目的は

なんでも 由布院にある を 連れて帰って来る

という 壮大な プロジェクトであったらしい

ってなんだ ? 続は また明日 チャンチャン

http://www.hatago-kounokura.com/#section-9 

☝ 湯布院 香乃蔵 HP

播磨町に日本丸がやってきた ! No.2565

10月15日(日)我が町 播磨町町制施行55周年記念 イベントのひとつ

「 帆船日本丸が 播磨町にやってくる 」 に行ってきましたよ

ひほんP1

 無題1 

しかし イベントの3日間とも 天候が不順で あいにくの雨模様

14日(土)も 小雨が降って セイルドリルは 中止 人出も少な目でした

15日(日)は 早朝は かなり降ってましたが 船内一般公開の

9時頃には 雨もやんで 傘をささずに 船内見学が出来ました (^_-)-☆

11時頃からは 再び降り出したので 朝一番に行って 超ラッキーでした


にほん10-1

日本丸の背景には 今 世間を お騒がせ中の 神戸製鋼所 加古川工場

にほん10-2 

初めて生で見ましたが  壮観です! 美しいです !たくましいです !

にほん10-3

帆船日本丸は 見る者を 圧倒させる迫力を 感じさせてくれました

にほん10-3-1

舟の舳先には 公開の無事を願う 女神の像が 取り付けてありました

にほん10-4

22年振りに 播磨町に寄港してくれた 日本丸を 一目見ようと

たくさんの人が 訪れました  9時丁度に現場に着くと すでに

2000人近くの 見学者が 列をなしてました

約1時間ほど 並びましたが 並ぶだけの価値は十分ありましたよ

にほん10-5

船上では 各所で 練習性の皆さんが 説明をしてくれたり 親切丁寧に

質問に答えてくれます 目指すものがある若者は 皆さん清々しい


にほん10-6

椰子の実で デッキを洗うデモンストレーション 爽やかな笑顔です

にほん10-7

にほん10-8

海の男予備軍だけかと思いきや 見目麗しき 乙女達もおられました

今風の AKB48のような さんが 船員を目指してるんだなあ~


にほん10-10

播磨町の ゆるキャラ いせき君 と やよいちゃん と記念撮影

にほん10-9


ほんとは 16日 出航前の 登しょう礼 を見たかったのですが

船内見学ができて よかったです なんか
力が湧いてきたぞ !

期日前投票も済ませたし 小生も 船出しますかね

気合い入れて 入院 手術に 挑んできますよ (^_^)v

http://www.nippon-maru.or.jp/nipponmaru/index.html  ポチッ

恐竜見てきました #2                                    No.2513

TRT-1.jpg

なんじゃこりゃ! 恐竜 逃げ出してまっせ~~

と ボケたところで 今日は ちーたんの館 の巻

TRT-2.png

こちらは 本格的な 恐竜博物館でした ちょっと小規模ではありましたが

TRT-3.jpg

首長竜 や デンデラ竜 ( USO ) の骨の標本が たくさんありました

ところで 「 でんでらりゅうの歌 」ご存知でしょうか?

高校の修学旅行で 九州に行ったとき 西鉄バスの ガイドさんから

教えてもらいました

TRT-4.jpg


🎶 でんでらりゅうが   でてくるばってん 
 
 でんでられんけん でーてこんけん

 こんこられんけん こられられんけん こーんこん   
(^_-)-☆

今でも 覚えてるって 若い頃の記憶力
って 凄いですねえ~

オリジナル曲の歌詞も 覚えてない 昨日の晩御飯すら 危ういのになあ

歳は とりたく ないねえ~ (-_-;


TRT-5.jpg

TRT-6.jpg

TRT-7.jpg

こんな口で 噛みつかれたら ひとたまりもないね (-_-;)

いやあ~ つくづくこの時代に 生れてなくてよかった

そう思いませんか いや 待てよ!

この時代は 動物も 植物も 何もかもが デッカかったんだ !

ってことは 人間も 身長10mほど あったのかも知れんやん

知恵と勇気で 恐竜と闘ってたのかもね   違うか・・・


TRT-8.jpg

ジュラ紀 白亜紀 現在とは まったく違う地球 

どんなだったか 見てみたいね



恐竜見てきました! #1                                     No.2512

篠山市 山南町に 恐竜が出た !(10年前) ってんで 行ってきました

風光明媚で 空気もいいなあ~ こりゃ 絶好の 恐竜日和だ

TR6-1.png

なんて 気持よく 山ん中を ドライブしてたら

ギャア~~~ 思わず 急ブレーキを踏んだのだった  (@_@)

TR6-2.jpg

こんなのに 踏み潰されたら ひとたまりもないやん!

でも どうやら草食竜 のようだから 大丈夫かも~~~


TR6-3.jpg

よく見ると 作り物ですやん  ホッ ひと安心だぜ !

おお~ ここが 丹波龍の里か  目的地到着やな  

TR6-4.jpg

発掘現場のすぐ側にある 元気村かみぐげ の駐車場に車を停めて

発見地までは 徒歩で 10分程でした

TR6-5.png

TR6-6.jpg

10mほど 崖下に 発掘現場があり 今は コンクリート?で固めて

保存されてるようで 実寸大のマンガが 書いてありました

若干 興覚めっす! チョウザメの卵は キャビア って言います


TR6-7.jpg

発掘現場の上は 記念公園になっていて レプリカもあって

さわることもできる これは 子供達も 喜ぶやろね


TR6-9.png

10年経つと ブームも少し去ったのか 訪れる人も少ないようで

の~んびりと 見て回れてよかったですよ


TR6-8.jpg

この子 学名は タンバティタニス・アミキティアエ って言うらしいよ

このあと 4Km程離れたところにある

丹波竜化石工房 ちーたんの館 って所に行ってきました

恐竜を見てきました #2 に 続く 乞うご期待

京都丹後鉄道 って凄いゾ !                                No.2493

先日 宮津駅前の 富田屋(とんだや)が 凄い!って書いたけど

宮津駅って? 何線なんだ?


miyazu-1.jpg

京都丹後鉄道 略して たんてつ とか KTR と呼ぶ らしいっす

miyazu-3.jpg

富田屋さんで 順番待ちしてる間に ちょこっと 駅に入ってみた

1両編成の電車が止まってた 1両だと 編成とは 呼ばんか?

miyazu-2.jpg

入ってきた電車も 1両だった  日本海側って お客さんも少ないらしい

miyazu-5.jpg

帰りに見たとき止まってたのは ちょっとカッコイイ 4両編成でした

miyazu-4.jpg

何処から 何処まで 走ってるのだろうと KTR のHP を見て ビックリ!

miyazu-8.jpg

路線は ともかく 車両の中が メッチャ凄いやん

miyazu-9.jpg 

車両の中が JR山陽本線を走ってる 通勤電車とは まったく違うぞ

miyazu-6.jpg

鉄道ファンじゃなくても 乗ってみたくなるよねえ

一流料亭や ホテルの 料理人が乗り込んでの ランチや ディナーは

本格的な 料理が出るようですよ

そのうち 宝くじ買って 絶対に 乗ろうって決めました


miyazu-7.jpg

ローカル線 なんて呼ぶのは 失礼なほど 凄いぞ!

http://trains.willer.co.jp/ たんてつHP

ちょっと異国気分な街 (前編 )                                No.2428

1月29日(日) 思い立ったら吉日 と 行ったは いいけれど

ガイド役の 娘がいなけりゃ 絶対にたどり着けてなかったでしょうね

marason.jpg

本来は 神戸の南京町に 行こうかと思ってたんですが 春節祭で 凄い人出

だろうと 行先を変えたのが そもそもの間違い 重ねて車で出掛けたのが

大間違いの始まり ナビをセットして 阪神高速環状線を降りたところまでは

よかったのですが 右も左もわからない大阪市内 まんの悪いことに

この日は 大阪国際女子マラソンで 市内は 真っ二つに分断されており

各所で 通行規制が敷かれており ナビ様も お手上げ状態・・・

そこで ナビ様以上に 心強い味方が 韓国通 沖縄通の 娘の存在でした

言われるままに 上本町とやらに向かい そこに車を停めて 近鉄電車に乗って

一駅先 それが賢いやり方だ なんて申すもので 老いては子に従う父 であった

marason-1.jpg

で 着いたところが 異国情緒あふれる街 鶴橋~~ なのである

娘は なんども来たことがあるらしく 後ろを着いてゆけば 安心なのであ~る

marason-2.jpg

改札を出ると 鶴橋商店街 かなり長くて 暗くて 狭くて 大きな商店街でした

両脇に 豚足 チジミ キムチ トッポギ   ホルモン焼  のお店がずら~り

早くも 異国情緒が漂ってきます しかし目指す コリアタウンは もっと先



鶴橋-1

食器屋さんの店先には 金属製の容器がズラリと並んでます

寝具屋さんには 色鮮やかなお布団や チョゴリも 売ってございました 


鶴橋-5 

鶴橋-5-1 

長くて 暗くて 狭い商店街を抜けて 10分程歩いた先に 兼ねてより

来てみたかった  コリアタウン の入り口は ありました


鶴橋-4 

韓国も 旧正月で この日は 春節らしいのですが 思ったほど

人出は少なく ゆったりと 歩いて遊ぶことができました

鶴橋-3 

食材も 韓国製のいろんなものがあって どれも目を奪われます

ナビ様が 言われるに ここまで自宅から 60数Km らしいのですが

なんと 2時間半掛かっており お腹も空いてきたので 何か食べよう

と お店の前に立ち止まるいのですが 優柔不断な マネージャーさんと

娘は 立ち止まるばかりで いっこうに ここ!って決まりません

 鶴橋-2 

そんなことで 明日は 食べ物編 の お話 
プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる