懲りずに来てるぜ 南国土佐                                   No.2357

昨日から またまた来ております

運が良ければ 今頃は 土佐湾の 沖合辺りで クジラに遭遇してるかも

ニタリ-1

何回目なんだろ? 8回目くらいだろうか 少し海が荒れると 沖には出れない

出船できたのは 去年の10月が 初めて だが運良く と言っておく

ハナゴンドウ って
イルカの兄さん みたいな 一応 クジラに会えたんだけどね

目指してるのは 10mを超える ニタリクジラ なんですよ

ニタリ-2

事前情報では 10月に入ってから 遭遇率 100% なんですと

それを信じて 今頃は 船の上か  ガックリ 帰路の高速道路上です

なにしろ 髪(神)に 見放された 男ですから・・・

スポンサーサイト

好評過ぎて ちょっと 儲け損なうの巻  No.2293

11月7日(土)地元のお祭り 『 播磨町 大中遺跡まつり 』で屋台を出す

今年から始めた 地元でのイベントで 食べ物の屋台を出すという

趣味と実益を兼ねた お遊び なんですが 春 夏 秋 と三度目の参加でした

冷凍庫が積める という条件付きで買った 新車に 荷物満載で出発!

我が家からは 10分も掛からないところにある 大中遺跡公園へ いざ !

大中11-1-1

毎年 35000~40000人が 遊びに来るイベントなのですが 屋台の場所は 抽選

クジ運悪く メインの広場じゃなく 裏手の遊歩道に当たってしまいました

大中11-1-3

 サークルや 一般の屋台も 本職のテキ屋さん も同じ条件なんです~

予想以上に食べ物屋台の数が多くて こりゃ激戦だ 苦戦 間違いなし・・・

大中11-1-2

遺跡のお祭りですから 子供も大人も 縄文人の衣装を着て 練り歩いてました

各屋台に支給された 縄文人の衣装は マネージャーさんが着て 販売しました

大中11-1-4

我が屋台の 名前は 『 キャッツアイ 』トルネードウインナー黒豆ご飯

200円での販売です 用意したウインナー560個  黒豆ご飯は
米1斗

完売したら けっこうな売り上げになる予定でしたが

大中11-1-5

黒豆ご飯二台の炊飯器で 現地で炊き上げます しかし そこがど素人 (-_-;)

家の炊飯器を 持って行ったので 予想以上の人気に 炊くのが追いつかない

一回の炊き上げに 40分ほど掛かります 出来上った 黒豆ご飯は 即完売状態

せっかく 買いに来てくれたお客さんに
売るものが無い状態  それでも

 炊いて 売って 炊いて 売って 150食を 完売でした (^_^)v

段取りと 場所が良ければ  300食は 売れてたでしょう 残念

メインのはずの トルネードウインナー
の方は 280ほどでした

またまた
在庫を抱えるハメに ライバルが多い中 健闘したほうかな

夏の-1 

夏のお祭りでは 千景ちゃんの呼び込みで 飛ぶようにうれたんだがなあ

大中11-1-6

教 訓  来年は 業務用炊飯器を 持ち込んで 切れ目のない販売を 目指す

大中11-1-7

キャッツアイ 』マネージャーさんは 四姉妹 そのうちの三人で やってます

海坊主11 

原作と 現物は 大きな違いがありますが ご勘弁を  m(__)m


新車でドライブ                                          No.2292

11月3日(新しく車を乗り替えたので 初のドライブに行ってきました

山陽自動車道に乗って 約2時間半 今年2回目の 岡山県の下津井漁港

瀬戸大橋と 海に浮かぶ小島が 小柳ルミ子さんの 『 瀬戸の花嫁 』を
思い起こさせる 素敵な漁村 昔は 北前船で栄えた町です いちど
来たまえ

はつどら-0

久し振りの 新車はいい匂いがするなあ~  バンパーも 取れ掛かってないし

はつどら-1

前の車の 半分の排気量だけど 1200CCHYBRID  27.8Km/L どうかな?

ちょっとした お洒落なこだわり

初どら-9 

8月に ナビ様の 言われるまま 山ん中の道を進んだら 道と車の幅が 一緒に
なってバリバリバリ ッという音と共に 外れかかった無残なバンパー・・・(-_-;)
応急処置をして その後も乗ってたのですが いよいよヤバくなってしまいました

長い間 お疲れさまでした 今後は 中東のどこかの国で 余生をお過ごしください

10むざん 

話は変わって 下津井って 昔ながらの風情が至る所に残っていて 情緒豊かな

港町です 1時間ほど掛けて ゆっくり歩いてみると いいところです

( 小生の住んでる 加古郡播磨町も よく似たところなんですがね )

はつどら-01

詳しくは 看板を見てもらい  手抜きをさせて頂きます

はつどら-02

『 むかし 下津井回船問屋 』ではボランティアの方が 北前船で栄えた

下津井の町や 北前船のことを 丁寧に 説明して下さいました

http://www.shimotuitei.jp/kaisendonya.html

はつどら-2

下津井に出掛けたのは これなんですよ! 前回 偶然に入った 福蔵さんで食べた

「 海鮮丼 」が あまりの豪華さで 是非もう一度 食べてみたいと 思ってた

のです なんと 17種類の ほぼ地元産の魚介類が 敷き詰められた 海鮮丼です!

回船問屋 海鮮丼や 上手い 旨い (^_^)v

はつどら-5 

マネージャーさんは 海鮮丼 そして小生は お刺身盛り合わせ タコ飯

二人で シェアして あれやこれやを 頂きました

はつどら-4 

プラス  アコウの煮付け けっこう大振りのアコウ 明石の魚の棚で買っても

一匹2000円は下らない代物 が 煮付けで 1600円でした!もちろん旨い

こんな時でないと 普段は絶対に買うこともないでしょうから(笑)

はつどら-6 

プラス 小フグの 味噌汁 白みそ仕立てで これも美味いがなあ~

もちろん アコウは 骨までしゃぶりましたよ  ネコが怒るくらいにね

て お勘定は 二人で7000円 (@_@)  こんな時でないと・・・

はつどら-7

下津井といえば 有名なのが タコ  

しかし ここだけの話 大きな声では 言えませんが 小さな声では聞こえへん

小生の住んでる お隣の町 明石のタコ は格別だな って感じたのでありました

はつどら-3 

http://moogoo.blog19.fc2.com/category4-1.html 2月の ブログ



大満足 の 下津井 帰りは ジーンズの街 児島に寄って帰りました

Betty Smith 工場直販
の アウトレットショップで マネージャーさんは
 
ジーンズを 小生は シャツを買いました このお店 安くてお得なんですよ

Betty10.jpg 

また ふらっと 行こうっと 下津井は ええとこや

ついに クジラと遭遇!感度の一日                              No.2286

10月18日(日)19日(月) またまた南国土佐に行って来ました

四度目の正直 で ついにやりました (^_^)v 船が出たぞ~~~

hogei10-1.jpg

昨年から 通い始めた 土佐湾 ホウェールウォッチング  過去の三度
天候不順 台風の余波で 出船さえ出来ずに 高知観光をして帰る の繰り返し
しかし 今回は 台風 24号25号も 日本のはるか遠くにあり たぶんOKだろう
と はやる心を抑えながら 今回も 6名で 高知県宇佐市 まで行って参りました

前日18日は 大歩危小歩危 祖谷のかずら橋 観光 お昼は 久礼大正市場
美味しいカツオの刺身や イサギ トビウオ アオリイカの刺身を堪能
腹ごなしに みかん狩り を楽しみ たっぷり遊んだあと 夕方 国民宿舎土佐
到着した土佐(とさ)

翌朝 早朝 部屋から見える絶景の土佐湾は 波も穏やかそうで 条件はGood !

日の出じゃ 日の出じゃ 日の出 本みりん じゃあ~  なんのこっちゃあ~

hogei10-2.jpg

国民宿舎土佐から ホウェールウォッチングが出る 港までは10分ほど

hogei10-3.jpg 

お客さんは 約30名ほどでした 3隻の船に分乗して AM 8:00 いざ出港

hogei10-4.jpg

山に上に見えるのが 国民宿舎土佐です 絶景です 安い です ボロいです (笑)

同じ敷地に隣接してる ヴィラ・サントリーニお洒落です メッチャ高いです

hogei10-5.jpg

 沖に出ると 台風の影響か うねりはけっこうありました 瀬戸内海の波とは違い

波と波のスパンが 非常に大きいですねえ そんな波を乗り越えて 全速力で

ポイントにまっしぐら ほとんど土佐湾の出口付近まで 約1時間半掛かって

突き進みます 直線距離で約56Km そこからクジラ・イルカを求めて
 
東へ西への大移動  帰港予定は PM 13:00 洋上5時間の移動は 小舟に

慣れていない方は 大変です 回りに全く船影もない 見渡す限りの海です

酔い止めを飲んでいたのに マネージャーさんは リバースを 繰り返してました

ブイ 

魚影を求めて 走り回りましたが まったく それらしき姿も見えずに 時間だけが

むなしく過ぎてゆきます 12時頃には帰らないと 13時に港に帰れません


hogei10-6.jpg

船上には 諦めのムードが漂います 前日は まったく何も見れなかったようです

前々日は 二頭の 親子連れ ニタリクジラと遭遇したとのことでしたが・
・・(-_-;)

その時 突然船上のマイクで 船長さんの声が

「 あと 2分ほどで ゴンドウ と ハナゴンドウの 群れに 到着します 」

ゴンドウ
といえば クジラ  バンドウ英二 一気に明るいムードに

gond10-0.jpg

全速で飛ばしていた船が 急にスローダウンしたその時です

目の前に 数頭の バンドウクジラの群れが 見えました
gond10-3.jpg 

大歓声が上がります 大きさは イルカと違わない 小型のクジラですが

イルカとは違い ゆったりとした泳ぎです また ハナゴンドウは 身体が部分的に

白いので 違いがわかります 約 3~10頭の 群れが あちこちに現れては潜りを

繰り返してました 約1時間余り 大海を悠々と泳ぐ クジラの群れを見ることが

出来たのです

gond10-2.jpg 

スマホと カメラの 両方で 取ったのですが 後で見てみると カメラは露出が
合ってなく 全滅でした うえ~ん (-_-;) fb用に スマホで撮った写真です
gond10-1.jpg 

初めての出船 初めてのウォッチング体験で 小さいけれど クジラに会えたのは

ラッキーであり 大きな進歩でした

 GON10-1.jpg 

土佐沖では ニタリクジラ 数100頭イルカの群れを 見ることが出来ます

来年も ニタリクジラとの遭遇に期待して チャレンジしたいと思います

nitari10.jpg 

帰る間際まで 全力で クジラとの遭遇を演出して下さった 船長さんに感謝です

帰港予定時間を 1時間以上も 延長して下さいました おおきにです

船長 

 
http://usaww.jp/pc/ 宇佐ホウェールウォッチング の HP
 

http://www.e-kujira.or.jp/kujirapedia/   クジラのことについての HP

夢とマロンに 包まれた ホウェールウォッチング 楽しかったです

誕生日プレゼント                                          No.2264

SF-0.jpg

9日87歳を迎える 母君様 に ちょっとしたサプライズを決行しました

お昼ご飯食べに ICOCA 」と 姫路市網干の 沖料理「 なぎさ亭」

その後 以前から行きたがっていた 姫路の サファリパークに向かう

87歳とは言っても 元気なのですが 長時間歩くのは やはり辛いようです

ここなら マイカーに乗ったままで  大好きな動物が観れるので 安心ですね

市内から 山の中に入ってゆくので どこ 行くん?

母君様 もしかして  姥捨て山 に連れて行かれるのでは・・・ 

なんて 不安だったかもしれませんが 着いたのが サファリパークだったので

安心して 大喜びでありました サプライズ 大成功 !

息子からの ささやかな 冥途の土産や 取っときなっ

SF-1.jpg

8月最後の日曜日 子供たちの姿も少なく よく空いてました ゲートで 入園料

一人 3100円を払うと ガイド用 ラジヲが渡され 園内の説明や エリアごとに

動物の説明などが GPSを利用して 流れてくるようになってます

マイカー以外にも サファリバスも走ってます こちらは 乗車賃 800円




SF-3.jpg 

猛獣エリア や 草食動物エリア など 幾つかのブロックには厳重なゲートで

区切られてます 車のすぐ近くまで 動物が来ますので 窓は絶対 開けれません


saf-3.jpg

saf-4.jpg

saf-5.jpg

間近で見る 大型の動物は 迫力がありますねえ 

saf-6.jpg

小一時間で サファリは 通り抜けてしまいます 混んでる日のほうが お得かもね

saf-7.jpg

サファリを 上から見下ろすことができる ロープウェイも 待ちなしで乗れました

缶コーヒーの自販機 が160円もしたのに ロープウェイ は無料って ラッキー


saf-8.jpg

サファリの 醍醐味と言えば やはり    ウンコですか

近くにありながら 初めて行った 姫路サファリパーク  親孝行の真似事

少しは ええことしたかな? 偽善者
ぶった 1日を過ごしたのであった

共存する街                                            No.2260

siden8-0.jpg

8月22日(土)午前中は 柵原鉱山資料館に行って 片上鉄道跡を見て
 
午後からは 岡山市内に向かい 念願の 市電に乗って来ました

siden8-1.jpg

市内に入って 最初に見に入ってきたのが この最新型の市電でした

siden8-1-1.jpg

MOMO2という名の最新型電車 ヨーロッパの街並み でよく見かけますねえ

すんません ヨーロッパ 行ったことありません・・・広っぱ ならあるけど

(  ぱ~ だけやん!  これが正しいツッコミ  さらっと流さないように )

siden8-2.jpg

唯一の二両編成 中も長椅子ではございません お洒落ですねえ

岡山市電は 岡山電気鉄道(株) って会社が運営してます

http://www.okayama-kido.co.jp/tramway/iroiro.html

100円と140円の区間がありました この度は時間もなかったので

城下駅の地下駐車場に車を停めて 城下 ⇔ 岡山駅前 の間を往復してきました

Map8.jpg 

市電の便利なところは 10分も待たないうちに 次の電車がやって来ます

まさに 市民の足ですねえ  長崎市電は系統も多いからか 2分間隔くらいで

市電が走ってました どれに乗ってもいい ってわけじゃないけどね

siden8-2-1.jpg

siden8-2-2.jpg

なんといっても 特等席は 運転手さんの後ろですよねえ~ 童心に帰って

siden8-3-1.jpg

 地域の会社のCMだったり 1両ごとに ラッピングが違うのも楽しめます

siden8-4.jpg

夏の期間 MOMO2 に乗っての 『 ビアガー電 』なんてのも走ってるようです

http://www.okayama-kido.co.jp/tramway/news_w/pg120.html

siden8-3.jpg 

小生の 小・中学生の頃までは 神戸にも チンチン電車の愛称で 市電が走って

ました 出掛ける時は 市電でした  チンチン電車に乗るのが大好きでした

モータリゼーションの波に 押し流され 邪魔者扱い を受け 廃止された多くの

路面電車 今でも車社会と共存しながら生き続けて来た 各地の路面電車

CO2も 排出しないし ECOですやん いつまでも残ってほしいですね

昭和ロマン漂う 柵原  No.2 No.2259

oka7-1.jpg

十字架があれば まるで教会のような しゃれおつ柵原鉱山資料館

中に入ると 事務所兼 入場料受付があり 大人500円入場料を払いますが
受け付けの横には ど~ん鉱物ファンなら 絶対避けては通れない 鉱物の
お土産コーナーが あるのです

oka7-2.jpg WARNING !
反則ですやん!水晶 アメジスト etc もうここから 足が動きませんって

oka7-3.jpg

昔は 鉱物採集・鉱物コレクターだった 小生にとって ここはポイズンです

約10年余り 治りかけてた 収集癖 が またムクムクと・・(-_-;)

ふと目に止まったのは CSi 炭化ケイ素 結晶鉱物 美しい~
成分は ダイヤモンドと同じで 弟分のような鉱物やでえ 美しい~

私を 連れて帰って という声に ついつい ほだされて

しかたなく 連れて帰りました (^_-)-☆  (^_^)v

我が家のベランダには 鉱物標本の箱や プラスティックケースが うず高く
積まれたまんま なのです  人にあげたり だいぶ処分はしたのですが
手放されないものが まだたくさんあります この子も いずれベランダ行

oka7-3-1.jpg

後ろ髪をひかれる思いで このコーナーを 後に 展示コーナーに向かったのです

昭和30年~40年頃まで 硫化鉄鉱の 鉱山として栄えた 柵原の町並
再現してあります 昭和29年 生まれの小生 タイムスリップしたような空間
現在は 山間の静かな村といった 柵原の町ですが 最盛期には 鉱山労働者
2000人以上も いたということで さぞかし賑やかな町だったのでしょう
三田 明三沢あけみ のショーも行われたらしいです そういえば 兵庫県の
生野鉱山にも 倍賞千恵子さんが 来たらしいです


oka7-4.jpg oka7-4-1.jpg

昭和レトロな雰囲気が漂ってますねえ~ ホルモン焼屋も あります

oka7-4-2.jpg 

さて いよいよ エレベーターに乗って 地下1000mの 坑道に向かいます

oka7-6.jpg 

あっという間 約10秒で 坑道に到着  資料館のB1模擬坑道の展示室です

勿論 働いてらっしゃるのは マネキンさんだけ 柵原鉱山では主に 黄鉄鉱
硫化鉄鉱が 採掘されてたようです 硫化鉄鉱からは硫酸が採れ 化学工業の原料
となり 農業用肥料の硫アン 繊維 セルロイドなどの原料として 当時は貴重な
資源だったようですが 戦後は 外国から原料を輸入する方が価格が安くつき
鉱山事業は 衰退していったようです 1991年(平成3年)柵原鉱山
閉山となって 現在は 坑道を利用した 椎茸黄ニラなどを生産に利用されて
るようですね

oka7-6-1.jpg 

oka7-6-2.jpg 

さて 柵原鉱山跡 片上鉄道跡 を見学 お客さんは 5人ほどでした(笑)

向かった先は 岡山市内 以前から乗りたかった 市電に乗って来ました

これもまた マロンがありましたよ 
次回も 乞うご期待
プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
34年ぶりに長い冬眠から目覚めたTAKAのメロウなボーカルとファンキーなギター
ブルージーなハモニカ 

ロックンロールな人生を歩み続けるSHOWの
クールなボーカルとクレバーなギターが融合した
TAKA SHOWのサウンドは 
あなたのハートを奥深く
えぐります
二人の共通点は 成人病患者

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


3月4日(土)加古川市神吉町
「 ヤスムロ コウイチ LIVE 」
Live Cafe Ohana PM 19:00~
オープニングアクト 務めます
アントニオTAKA & アブドラ・ザAKI
チャージ 3500円


3月6日(月)加東市窪田町
『摩訶不思議 The勉強会 』
「房 舎」 ってお店
Open 19時
ゲスト アントニオTAKA ソロ


3月18日(日)加古川市八幡町
「 おかげさま 春市 」
ステージとテキ屋の2本立て
アントニオTAKA & アブドラ・ザAKI
でステージは出演します
テキ屋は10時~15時頃?


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


3月25日(土)姫路市夢前町
『 narish森のLive 』
19:00スタート 無料
出演 くみちゃん よしおっさん
タマ・リエ Poison Pill


9月から始めました 自由参加型です
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
アントニオ TAKA 主宰
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~01:00頃まで 1000円
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる