播州の小京都 龍野の街並                       No.1051

11月25日~27日(に 『 オータム・フェスティバルin龍野
が行われる  旧龍野の街並みを 紹介しておきます
鶏露山 
正面に見える山が 龍野のシンボル 鶏籠山 (けいろざん)です

旧龍野の中心は この鶏籠山のふもとに 広がった地域で 龍野城の城下町です
東丸11-1 
現在のたつの市の中心は 揖保川を隔てた 東側に 市役所を中心に新しい街並が開けており
旧龍野の街並みは ひっそりと静まり 播州の小京都と呼ばれ 情緒あふれる空間が
訪れた旅行者を 昭和初期の時代に タイムスリップさせてくれるでしょう
街並み11-3 

打ち合わせに 行ったのは 日曜日の昼下がりでしたが まったくと言っていいほど
車が走っていない いや そればかりか 街を歩いてる人も ほとんど見掛けることも無く
ここだけが 時代の流れから 置き忘れられてるのではないかと思ってしまうほど 静かでした

街並み11-2 

たつの市は 旧龍野の街並みを保存すべく 家の建て替えや 外壁の色にまで 厳しい制約を
設けているそうです 街中には所々に 観光駐車場がありますが 観光客も 京都などとは
比べ物にならないほど少なく お土産屋さんがあるわけでもなく 観光客を呼び込みたいが
観光客が増えると 弊害も出てくるだろうし その辺りのジレンマはあるようですが


街並み11-4 

龍野で有名な物は 薄口醤油と そうめん 揖保の糸 です
街中には 醤油蔵 味噌蔵 がたくさん残っております
街並み11-5 

城下町らしく 神社仏閣 もたくさんあります

龍野城11  
龍野城は 天守閣は残っておらず 城跡は公園と 資料館があるだけです 城址周辺には
検察庁 裁判所 記念館 などが集まっており どの建物も白を基調にした 美しい建物です

龍野出身の 有名人といえば 童謡とんぼ の作詞で有名な 三木露風
今回の オータムフェスティバル TAKA SHOWの コンサート会場は 龍野城のすぐ近く
三木露風記念館 「 かじょう館 」 という所です 近所の観光駐車場に車を止めて
旧龍野の市街を散策しながら 「 かじょう館 」 まで ぶらぶら歩いて来て下さい

昨年 『 オータム・フェスティバルin龍野 』 の来場数は 18000人 だったらしいです
今年も 同じくらいの方々が来られるんでしょう  130の会場220 の催しが行われます
TAKA SHOW コンサートの会場ナンバーは No.117です
 
はたして TAKA SHOW コンサートの会場まで 来てくれるのでしょうか??

是非  見に来て下さい AM10:00~PM15:00 まで 約5時間演ってますよ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TAKAさん

観光客が少ないから逆に情緒とか風情を存分に味わえてえおわなあ(^^)d

倉敷の美観地区みたいになったら、観光地全開で落ち着かんもんねえ(((^_^;)

Donさん

この街には 観光客を集める
気配が感じられません
土産物屋は無いし さして
目玉になる建物も景勝地も無く

時代に置き忘れられた街

その静かさが 心をホッとさせてくれる
そんな街で いいのかもしれませんなあ

なるほど~

う~んなるほど、また勉強になりましたねえ。

うなぎ1号さん

しかし 毎回内容の濃い
ブログですなあ 
自画自賛
プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる