おかげ横丁の お薦めは No.1092

伊勢参りの楽しみ もうひとつは なんと言っても お土産屋さんを見て回る ことですが 

食べ歩きや お土産に飽きたら ぜひ寄ってみることをお薦めするのが ここです

ise-18.jpg 
okage-1.jpg 

おかげ横丁の中にある おかげ座 というところなんですが いわゆる資料館のような所です
よくある 書物や 昔の着物 道具などを ショーケースの中で展示してあるそれとは
すこし違っていていました 江戸時代の この場所 おはらい通り を1/2の縮尺で
再現してあります 文献などの 難しい展示物などは一切ありません

okage-2.jpg 

入口にあるベンチには 得体の知れない張りぼての人形がありました

入場料300円 安いがなあ~ 安いゆえに そう期待もせずに入ったのですが
まず 入場料を払うと 柵を開けてくれて 大きな扉のホールに案内してくれます 中に入ると
そこは 大画面のシアター でした  こういうのは 各地にあるので 特に驚きませんが
画面では 江戸時代の お伊勢参りの様子が 人形劇で再現され 子供にも解かりやすく
楽しめるように作られておりました 最後の方で 舞台中央から からくり人形が登場
口上を 述べるという趣向です

okage240-1.jpg okage240-2.jpg

15分ほどの 映像が終わり 場内が明るくなると 後ろの方に 着物を着たお兄さんが立っており
出口の方に案内してくれます ここからが おかげ座の 真骨頂 なんでしょう
現在地は中二階位の高さで 下に目をやると 精巧に造られた 江戸時代の 伊勢参りの様子が
再現されております  ここからは 案内人のお兄さんが 当時の 伊勢参りの歴史や 様子を
見学者を引率しながら 丁寧に説明してくれるのです

okage-3.jpg 

五段程の階段を降りると 建物の部屋の中から 表の通りを 行き交う人々の様子を 見ることが
できます いろいろな視点から 見れるようになってることに まず感動してしまいました

okage240-3.jpg okage240-4.jpg 

旅籠屋の中から見た 通りの様子 です 白装束のお参りの人が行き交ってます

okage240-6.jpg okage240-5.jpg

おかげ横丁は 大混雑でしたが おかげ座 の中は 空いていて この時間帯に 説明を
受けてるのは10数人 といったところでした
okage-4.jpg 

このお兄さんの説明が たいへん解かりやすく 小学生の子供さんにも 丁寧に説明してくれます
逆に 子供さんに 質問をしたり 何処から来たのかたずねたりして 子供の心を掴んでました

この子達は 江戸から いや東京から来たようでしたが 真剣に お兄さんの説明を 聞いてました
大人向けには 軽いジョークも交えて 笑いを取ることも上手でしたねえ

ここに来ると 日本人と お伊勢参り の歴史や関係が ほんとに良く解かります  

                                     To be Continued

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TAKAさん

ミュージアム好きにはたまらん代物やねo(^o^)o

以前行った時は、えらい人で入るんを諦めたっす(-_-;)

Donさん

ここは絶対入るべきやね
300円でガイド付きなんて
他にはないもんねえ
展示物で誤魔化してないところが
気にいりました
プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる