京都満喫 #3 No.1107

梅小路で蒸気機関車を 見学したあと タクシーで10分位のところにある 龍尾神社
という所に 向かいました タクシーの運転手さんも知らないくらいの 神社で 本部に無線で
問い合わせてくれました 便利な時代になりました 1分も経たないうちに 本部から
このタクシー会社が開発した独自のカーナビに 瀧尾神社のデータが 送られて来ました
たきお240-1 たきお-1

マネージャーさんが 東京12Ch製作の番組を 神戸のSUN-TVで 見たらしく 瀧尾神社には
天井いっぱいに 木彫りの龍 があるので 辰年の今年 注目されてるとのことでした

たきお-2 
たきお-3

みごとな木彫りの龍があるという噂は本物で 迫力のある龍を拝見させて頂きました

南座 

その後 京阪電車にのって祇園四条駅まで行ったのですが その理由が おはぎ なんです
祇園四条駅を 降りて 地上に上がったら そこはかの有名な 南座 でした
前進座初春特別公演 というのをやってましたが もちろんスルー 
 

ここで 京都満喫評論家の小生から ONE POINT アドバイス をば

京都観光に行かれる場合 まず避けた方がいいのが マイカーでの乗り入れです
京都は 車が非常に多いですし 駐車場も多くありません
観光都市ですので バス 電車 タクシーが 充実してます パーク&ライドが いいでしょう
そして 観光地図を 片手に 歩いて見学することを お薦めいたします

表通りから 一本入ると 古い家がたくさんあります で 軒先をちょっと見上げて下さい

しょうき 

古い家や 商家などの軒先に ちょこんと座ってる置物があります 鍾馗(しょうき)さんです

厄除けの御守りで 七福神にも似てますが どれも怖い顔をしてます 
沖縄のシーサーのようなものですねえ

しょうき-1 しょうき-2 しょうき-4
しょうき-5 
しょうき-6 しょうき-7 しょうき-8

去年の正月には 泊まりがけで 京都に行ったのですが その時にもたくさんの鍾馗さん
を 見つけました 京都の街を ぶらぶらする時には 鍾馗さん を見つけて回るのも面白いです


鍾馗さんのことを 詳しく書いた ホームページがありましたので
貼り付けておきます 面白いです 覗いて行って下さい

http://tabitano.main.jp/3kyotosyokisan.html 

                                           TO BE CONTINUED
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いやはや

ホンマにためになるブログですよねぇ(笑)さすがはタカさん?
どちらかというと見過ごしがちな部分にスポットを当てた目線にいつも感心させられます。
ライブでいつもスベリまくってる(笑)タカさんと同一人物とは思えないですゥ(爆笑)

うなぎ1号さん

おいっ!スベリまくるって失礼な!
誰か この頭ですべったヤツおるんかい
おったら連れて来い!ってか(笑)

TAKAさん

田舎の奈良とは違うんよねえ(((^_^;)

しかし、京都のバスは路線が多すぎて、どれ乗ってええんか分からんばい(-_-;)

Donさん

ビルとビルの間に挟まれた
由緒ある神社仏閣・・・
これが京都なんですなあ
地下鉄も分かりにくいですなあ
プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる