今年も 参加したぜ 梅フェス No.1699

4月27日(日)第7回 世界の梅公園 ミュージックフェスティバル

に参加してきました TAKA SHOW は結成以来 6回出させて頂いてます
毎年 どうしても外せない イベントなので おてら de らいぶ と ダブって
しまったのですが 大移動の末  今年も 参加することが出来ました

うめ427 

たつの市御津町にある 世界の梅公園は 海に面した 小高い山の 山頂
晴れた日には 瀬戸内海国立公園 家島諸島が 間近に見える
風光明美なところにあります

うめ427-A 

ロック系  海のステージ と アコースティック系  風のステージ に分かれ

約 20組のバンドが 出演する 播州最大の 野外イベントです

うめ427M3 

風のステージは 唐梅閣 という中国風の 建物の下が ステージ 出番前に
マジ練習する Relax Cafe 
師匠  適当にやって帰ろうぜ って顔の小生

音友達の Relax Cafe さんと ミッキーレディオ さんが初参加でした

うめ427-2

練習のたまもの いつも完璧な 演奏の Relax Cafe 両師匠でした

うめ427-3

TAKA SHOW は いつもながら お笑いと 音楽の ハーフ&ハーフ です

うめ427T

うめ427-4

初参加で トリを務めた ミッキーレイディオさん も ノリノリの ステージでした

うめ427M2

風のステージ 最後の曲は ミキーレイディオTAKA SHOW

気合い入りまくりの ミッキーレイディオ さんでした

うめ427M-1

世界の梅公園 ミュージックフェスティバル フィーナーレは 全員が

海のステージ に全員が移動して テーマソングを歌って 終了でした

うめ427-6

2年連続で 青天に恵まれ 以前の 雨の梅フェス の代名詞は 返上でした

この日は 5時起きで 相生市の 矢野町音楽祭 おてら de らいぶ  

大移動で たつの市御津町 の 梅フェス と 二つの イベントに参加でした

家に帰ると 30分もしない間に バタンキュー  夜中に目が覚めて

夜中なのか 朝なのか 時間の感覚が無くなるという 久しぶりの感触

夜昼なく 遊び回ってた 青春時代を 思い出しました
( ^^) _旦~~

たくさんの人に出会い 楽しい一日でありました

歌って いいですね ~  (^_^)v

還暦を迎えた小生の 廊下帽子 であります !

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TAKAさん

ダブルヘッダーお疲れ様でしたーv-48
しかしパワフルな還暦者ですなーv-30
小生たちも、初めて梅フェスに参加させて
もらって、とても楽しかったですよーv-269
音響も、やんちゃ会の前田さんがうまく
調整してくれて、いい音出てましたし、
第一、景色が超きれいだったしね。
打ち上げも参加させてもらい、
もう、最高でした。来年もぜひ参加させて
くださいねーv-82

RC大谷師匠

いつもながら 素晴らしい演奏でした
出番ギリギリまで 音合わせをする両師匠の
ステージに対する心構え 勉強させてもらってます
が・・が・・・実行できてない
TAKA SHOW ではございます(>_<)
打ち上げでも 大好評だった来年からは
レギュラーでと言われたって 藤長師匠が
言っておられた って小林さんから聞きましたよ?(笑)
プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる