明石 うたの日2014 オーディエンス編  No.1705

『  第6回 明石 うたの日 コンサート 2014
 
大蔵海岸を 埋め尽くした お客様は おそらく 1000人は遥かに超えていた

オーディエンス-1 
オーディエンス 

弁当 酒 飲みものを 持参で 晴天の下 沖縄民謡 琉球舞踊 沖縄風ポップス

一日中 明石の地で 沖縄文化を満喫されたことと思います

オーディエンス-4 
オーディエンス-2 
オーディエンス-3 

最終演者 美ら美ら さんから 総踊りになると ステージ 客席 関係なく総立ちで

カチャーシの輪が 広がって行きます

オーディエンス-6 

オーディエンス-5  

踊る 踊る 踊り狂う 遥か時代を遡って ええじゃないか のように

これだけの 人数がひとつになっって 歌い 踊れるイベントって 凄いですねえ

すっかり 明石に定着した 明石うたの日 ですが このイベントの主旨

第二次世界大戦中 本土決戦を控えた 沖縄では本土の盾となった 悲しい

歴史があります 当時は 歌うことも 踊ることも 不謹慎と禁止されてた

そうです 長い歴史の中で 唯一 敵国の上陸 占領を 経験した島 沖縄

今は 歌うことも 踊ることも 自由に出来ますが あの日のことを 忘れないよう

全国に うたの日 の輪を広げて行こう とBEGIN が提唱し 始まりました

沖縄だけでなく 日本各地で 催されるようになりました

この先 いつまでも 明石の地で 開催されることを 望みます


 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

実はもう一カ所上陸地上戦のあった島があります。

忘れられがちですが……
硫黄島です。

円蔵さん

沖縄戦のこと 上手く書けなくて
申し訳ないです m(__)m
硫黄島も悲惨だったようですね
学校教育では この辺りのことをあまり
教育していないようなので メディアが
せめて記念日にだけでも バラエティー番組を
中止して 過去のドキュメンタリー番組を制作
して 放送すればいいですねえ
プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる