チンドン屋さんに会いに行った No.1719

神童と呼ばれてた幼少の頃 チンドン屋さんが 大好きだった

まだTVも 普及してなかった頃です チンドン屋さんは 地域広告媒体の
大きな役割を果たしてたんでしょうね  市場の売り出しや お店の開店など
楽しいく 賑やかな演奏をしながら チラシを 配ってまわってました
因みに 我が家にTVが来たのは小学校3年生の時でした
 
日曜日 家に居ると どこからか 賑やかな音楽が聞こえて来ます 
クラリネットトランペット 鐘 太鼓 の音  子供心を掻き立てるあの音楽

あっ チンドン屋さんや   急いで家を飛び出して 音のする方へ
チンドン屋さんの後ろには たくさんの子供が ついて回ってました 

5月24日(土)25日(日)の二日間 三木市の中心街にある 
ナメラ商店街 を中心に レトロジ三木 という町興しのイベントがあり
25日(土) チンドン屋さんと 紙芝居が 来られるというので 行ってきました

ナメラ-1 

土曜日は お客さんも 少なく 古びた商店街 の雰囲気が 郷愁を誘います

ナメラ-2 

チンドン屋さんの 姿を求めて歩いて行くと 前方から 懐かしい あの音が

ナメラ-3 

音楽の構成は アコーディオン と バンジョー が主体で昭和歌謡曲の数々を
演奏しながら 練り歩いておられました

ナメラ-4 

曲が終わると ときどき立ち止まって 口上が 始まります
イベントなので 物売りの口上はなかったですが
昔なら ここで お店のPRや チラシを 配ったりしたものです

ナメラ-5 

小生の 思い込みで たくさんのチンドン屋さんが 集まって来るイベントだと
思っていたのですが ちんどん通信社 さんと言われる方々 だけだった
でも ちんどん通信社 さんを十分堪能することができました

こつろぎ 

ナメラ商店街を 歩いて行くと 剣道場があり そこで紙芝居を やってました
お客さんは 小さな子供が 二人だけ  小生も 寄せてもらうことにしました

ナメラ-6 

まもなく始まったのが 「 干支の始まり 」 で 昔の中国の話でした
なぜ 干支の中ネコが入っていないのかということを 紙芝居で
おもしろおかしく 説明して行かれます なるほど! と 勉強になりました

ナメラ-7 

そのうち 少し 子供も集まって来て 話にも 力が入って来ます (笑)

紙芝居なんて 何十年振りだったでしょう  これは楽しい~ TV や 映像で
育った 我々や 今の子供たちにも 目の前で 繰り広げられる 生の お話
十分に通用します 対話や 質問があり まさに LIVE じゃ有馬温泉

ここで なんでもやってみたい人間の 小生の心に ポッと灯が点きました

数年後 子供達を前に 紙芝居をしてる 小生が いるかもしれませんね (笑)

土曜日は 少し寂しい レトロジ三木 でしたが 翌日 同じ場所であった
東播フォークジャンボリーの 出演者会議に 出向いた時には
たいへんな 賑わいでした

チンドン屋 さんに 紙芝居  50年以上前に タイムスリップすることができ

神童 と呼ばれていた 幼少時代 に 戻れた 一日でした  

( 今でも 少し身体を動かすと しんど~ って言ってますが (>_<)

                     めでたし  めでたし
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TAKAさん

富山で毎年ちんどん屋のコンテストがあって、ちんどん通信は常連さんなんやて。富山観光キャンペーンでお目にかかったばい(*^.^*)

次回はアコギでセッションしたってつかあさいな( ̄▽ ̄)b

Donさん

富山のイベントはYou-tubeで見てます
レベル高いです!面白いです
高砂にも 高砂ちんどん明楽堂さんって
グループがあって 養護学校のイベントでは
いつも一緒なんですよ ちんどん屋さんも
やってみたいなあって思いますわ(笑)
プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる