「 文月の乱 」 異色のバトル 終戦                            No.1911

少しの間 お休みしてたブログ 落ち着いたので 再び 更新しまっせ~

また よろしゅう たのんまっしぇ~

怒濤-1 

7月19日(土) 神戸 三宮の Piano Bar Accold KOBE

今年 一番と言ってもいいほど 企画段階から 気合いの入った LIVE でした
やはり この方には グランドピアノ で演奏してほしいと思い 決めたのが
このお店でした 迎え撃つは 琉球パロディーギャング 異色の LIVE でした

文月-1 

昨年 お知り合いになり 一緒に演奏するのは これで4度目 です
間違いなく 才女であり 天才(天災) ピアニストなのですが
ひとたび ピアノから 離れると 調律の狂ったピアノのような方でございます
海外留学 海外生活のあと 帰国してからは クラッシック ピアニストとしての
道を歩いておられましたが どこで調律が狂ったのか 現在は ピアノ教師の
傍らに 昭和歌謡 演歌の演奏に目覚め コンサートに来れない 方達の元に
音楽をデリバリーする活動も されております とにかく えらいやっちゃねん

文月-2 

ピアノの前に座り 鍵盤に指が触れた瞬間から

吉原千景 の世界が始まります 水を打ったような 会場  
し~~ん

文月-3 

時には 激しく  そして静かに 音を紡ぐ 熟練女工さん って感じだ !

曲間のトークが また面白い お客さんの緊張も ここで 解きほぐれます

彼女のピアノは 桂 枝雀 師匠 の落語に 通じるものがある と思うのだ

枝雀師匠は 口癖のように 「 落語は(舞台は) 緊張 と 緩和 」

と言われてました 彼女の演奏も まさに 「 緊張 と 緩和 」 の連続です

文月3-1 

たぶん 美人なのでしょうが 演奏中の彼女は そりゃ 美人とは言えません

真剣モードの 彼女の演奏を止めたら きっと 怒り爆発 なんだろうなあ~

よし 今後の小生の課題は 彼女の演奏を 中断させること
(^_^)v

ああ 考えただけでも 恐ろしい~~ 怒るやろなあ文月-10 

あっ やっぱり 美人なんだろうな  うなじも 美しいじゃありませんか うん!

文月-6 

引き続き 打って変わって むさくるしい おっさん三人の登場

文月-7 

いろんな意味で 琉球パロディーギャング らしさが 暴露された

楽しいステージで ありました

文月-8 

アンコールの後 「 涙そうそう 」 吉原千景琉パロで コラボりました

流石の琉パロも 一発合わせに 真剣モード の顔ですねえ (笑)

文月-9 

でも 歌い終わると 全員が この笑顔 まさに LIVE って

      「 緊張 と 緩和 」 ですね

この夜 おなじ時間を過ごせた たくさんのお客様 ありがとうございました

       多 謝 再 見
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる