祝 ブログ投稿 2000 記事達成や !     No.2000  

来ました~  2000 記事でっせ !この飽き性の小生がですよ

これは 自分で自分を 褒めておくことにしよう (*^_^*)

とはいえ 通過点でございまして まだまだ 行くとこまで 行ったろ 思います
記念すべき 2000記事です  音楽仲間でもあり 大ファン

吉原千景さん の ピアノLIVE大阪北新地へ 行ってきましたがな

おおさか11-1

神戸生まれ神戸育ちとはいえ 現在は播州の田舎暮らしを30年以上
続けておると 身も心も すっかり播州の鮒侍で 大都会は 恐怖なのでござる

しかも 北新地と言えば かの 上田正樹&有山じゅんじ さんの 名曲
憧れの北新地 』 が 脳裏に浮かび 御堂筋を歩きながら 頭の中には

北新地A 

こんな歌が  または もっと古い 坂本スミコさんの いこんな 歌も蘇ります

御堂筋 

そんな歌を口ずさみながら JR大阪駅から 地図を片手に 約20分程歩き
おやじ狩り にも会わず なんとか 歌でしか知らない 北新地に到着 

おおさか11-2

北新地と申しても 鮒侍 飲みに来たわけじゃありません 目指すは

サロン・ドゥ・アヴェンヌ って クラシック音楽の殿堂 でございます

なんと解りやすいことか 北新地の ほん入り口にあるビルの 地下一階に
サロン・ドゥ・アヴェンヌ は ありました 超一等地ですやん !

http://www.avene-music.com/cgi-bin/avene-music/siteup.cgi?category=2&page=1

↑ 今月の 出演者 颯爽とした 方々がずら~り その中に 千景さんの名も

そんな店で 昭和歌謡で 挑む 千景さんの凄さ  基本がクラシック音楽家
であり 凄腕のピアニストであることを お店が認めておられるからこそ
出来ることなんだなあ と改めて 思ったのでありました

5年前に クラッシックで 演奏したことはあったそうですが いつか 演歌
このお店で 演奏させて 頂きたいという 夢が 叶ったそうです

おおさか11-3

恐る恐る ドアーを開けると 中は 白を基調にした 素敵な雰囲気の お店

夜な夜な このお店では クラシック音楽とやらものが 演奏されてるんだあ
なんて思いながら 案内された 予約席に通されると 目の前には 見慣れた
千景さん がおるではないか 開演前の彼女は 表向きは緊張することも
なく 普段通りでしたが さて どうだったのでしょう? 肝が据わってるのか!

YC-0-1.jpg

 定刻 開演  サテン?のドレス に身を包み 美しきピアニストに変身

いも虫になるように・・・ 美しい~

CY-11-1.jpg

このピアノの  世界三大ピアノといわれる ベーゼンドルファー という代物

これ一台で 建売住宅なら 2軒は 買えるほどのものらしい
(@_@;)

CY-11-2.jpg

はっきり言いますが 小生  ピアノコンサート なるものは 初めてです
音楽はやってますが クラシック音楽 わかりません m(__)m
千景さんと 知り合わなければ コンサートに来ることも 無かっただろうし
サロン・ドゥ・アヴェンヌ さんに 来ることも無かったでしょうね

去年 縁あって 加古川のアラベスクホール という所で TAKA SHOW
一緒に 出演させて頂く機会があり  ピアノで 昭和歌謡 演歌を 演奏する
彼女の 素晴らしい に感動しました  それから 何度か我々のLIVEにも
演奏しに来て頂けるようになり そのたびに 感動を与えてくれる 演奏に
千景さんの いまや 大ファンなのであります


CY-11-3.jpg

演奏を始める前  大きく深呼吸をして まるで 瞑想に入るかのように
数秒間 目を閉じて それから 鍵盤に指を下します

クラッシックであれ 演歌であれ 歌謡曲であれ 音楽は皆同じだ

 彼女は言われます そんな彼女も  師匠の教えで クラシックの
ピアニストは 西洋の音楽を聴き(クラッシック) 西洋風の生活をするべきだ
 と 教えられ 学生時代は 演歌や歌謡曲を聞くことは無かったそうです
食事も パンを食べ チーズを食べ ワインを飲んだらしいです (笑)

しかし 家では 御両親は TV歌謡番組を楽しみ 車では演歌が流れてた
お父さんの車で出掛けるたびに 流れる演歌が 彼女は嫌だったそうです

大学を卒業後 長い海外留学  海外での演奏 帰国して クラシックの演奏家
音楽学校の ピアノ教師などの生活が続いていたそうですが

しかし 数年前 ふと 自分を育ててくれた御両親の好きだった音楽
これこそが 自分のルーツで 日本人の心 なんじゃないだろうか?
と そう思い クラッシックの演奏もする傍ら 音楽を聴きに来ることの出来ない
人達の所に 自分から出向いて 音楽のデリバリーをしよう と 思い立ち
老人ホーム 各施設での 演奏活動を するようになったとのことです

演歌 ・ 昭和歌謡 を手掛けるようになり すべて自分のアレンジ
演奏されてます  それは もう 彼女のオリジナルでもあり 演歌・歌謡曲の
世界を 飛び越えた ピアノ楽曲 の ひとつのジャンルでもある  といっても
言い過ぎではないように 小生は思います 
ピアニスト 吉原千景  というジャンルであり 吉原千景の世界なのです
 

 音さえ出りゃ ピアノには こだわりません」 

吉原千景さんは そう はっきり言ってくれます

いつも グランドピアノが あるわけでは ない
 どんなピアノでも 88の鍵盤があり 音が出れば
 心を 伝えることは出来ます


名言ですやん ! これこそ 本物ですやん !

CY-11-4.jpg

ピアノの前で 集中してる彼女と 一曲が終わり トークに入るとユーモア
たっぷりに お客さんに話しかける 彼女のギャップ  これがまた 面白い !
まさに 緊張 と 緩和 ですねえ  小生も勉強になります (^_^)v

この夜来られてたのは ほとんどの方が 音楽家のように感じましたが
休憩時間には ひとつひとつのテーブルを回って 楽しく歓談される 彼女に
改めて 凄い人だなあと 思ったのであります

初めて歩く 御堂筋  初めて歩いた 北新地  そして 初めて入った
クラシックのお店 この歳になって 初めてづくし でした 

客で行ったのに 田舎者には  緊張 緊張の連続でした (笑) 

CY-11-5.jpg

千景さんの演奏が終わり 小生にも やっと 緩和 が訪れる

凄いピアノの前にも 座らせて頂き  帰りは 終電で 一緒に帰ってきました

家が近くなんですよ ファンとして こんな嬉しい時間は ございませんなあ

朝から ハローワークに行き 昼からは 定期健診に病院に行き  

そして 夜は 大阪初めてづくし の目まぐるしく長い一日でした

さあ また ブログの方も 気合い入れて 書いて行きますかな

おっ!久し振りに 手抜き じゃない記事書いてるぞ オレ (笑)

いつも 訪問頂いてる 皆様に 感謝 致します

今後とも 宜しくです !
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ええなあ~TAKAさんは~・・・

千景さん・・・ほんまに「べっぴんさん」ですねえ~・・・

「ピアニスト」の「べっぴんさん」が、音楽舘で「たばさ」の唄を聴いてくれたのかと思うと・・・今も、「赤面しきり」です~・・・

音楽舘にもピアノがありますので、来年の「倉敷ツアー」では、「出演」していただければ嬉しゅうございます~・・・出来れば、「美しきドレス姿」で・・・

・・・ってなことを、千景さんによろしくお伝えくださいませ~・・・

たばさ さん

「 色は黒いが 南洋じゃ美人 」
ってやつですね(笑)
こんなことばっか言うから
いつも怒られっぱなしです (*^_^*)
音楽館でのLIVE是非実現したいですね
彼女 広島出身で 広島にはファンたくさん
おられますので 来てくれそうですね
相談しときます!

ありがとうございます!

もう、こんなにステキに書いてくれて
うれしいとありがたい×100!です。

演奏とトークで何か皆様の心に残るものを…と思いながらも、あこがれゆえ緊張する場でしたが、遠い中応援に来てくれて、こうしていろんなことを感じてくださって、その上記念すべき2000回目の記事として書いてくださって
本当に恐縮しつつ、ありがたい気持ちでいっぱいす!


音楽でもトークでもファンの心をわしづかみにしちゃうTaka Showさんは私のあこがれであり目標なのです。
これからも刺激を受け続けます!!

これからもよろしくお願いいたします。

タバサさんへ

タバサさん
9月のライブでは本当に楽しませていただきました!
ありがとうございます。

またライブ行きたいです。
ステキなパフォーマンス、楽しみにしてます。
倉敷でもピアノ弾きたいなぁ。

そして次回は(あるのか!?)バスに一升瓶を持ち込んで倉敷に乗り込もうと思います!!(笑)

ちかげ ちゃん

タイミングよく 2000回目の記事になりました
華を添えてくれて おおきにです(*^_^*)
実は 数日前から 調整もしておりましたが(笑)
倉敷LIVE 実現に向け 頑張ってみます
その節は 宜しく!

ちかげさま~

「次回」・・・きっとあるはず・・・TAKAさんが元気なうちは(笑)・・・

またお会い出来る日を楽しみにしておきます~・・・それと、倉敷音楽舘での「ピアノ演奏」も・・・

「一升瓶」ゴロゴロさせて、おいでくださいな(笑)・・・

感動むっちゃ伝わってきた
ブラボーです
きっと、ヘモグロビンA1cの値
すこぶるいいと思う。
完治してるかも。
読んでても、笑みが溢れます
よかったねー
明日への生きる糧ですね

ただ、妙に気になったのが、
classicはクラシックです
クラッシク?┐('~`;)┌

ごめーん。高砂無理
K子ちゃんもダメだって

こみ―ゆ さん

伝わりましたか 良かった!
12月のアモーレは 一緒ですね
楽しみに しておいて下さい

高砂は 実行委員でもないので
大丈夫ですよ 気にはなるんですがね(--〆)

こみーゆ さん

わあ~っ むっちゃ間違ってたねえ
頭ではそのつもりで 打ってんねんけど
ッ が続くときは注意せねば!
× クラッシク 〇 クラッシック (--〆)
正しく打ててたの 一ヶ所だけやったです
御指摘 ありがとう 流石は FC会長さんです(^_^)v
今後も 御指導のほど 宜しくね !

いやいや、まだ、あかん。
クラシック音楽です。
ちっちゃい「ツ」は、一ヶ所のみ

ふぁーみんに、FCの横断幕持って行けなかったから、
7日は盛大にお迎えします
アモーレは、驚かせるために内緒にしてたのになあ。ばれちゃった。
トナカイ頑張りまーす

こみ~ゆさん

(@_@;) だんだんわからんくなってきたあ~
くらっしっく って打ったら クラッシックになるから
くらしっく って打たんと あかんのやねえ
発音では くらっしっく やのに・・・
英語どころか 日本語も危うくなってきました (--〆)
クラシック になんとか訂正終了しました (^_^)v
今後も 誤字 見つけたら御指摘くださいね
宜しく しく しく m(__)m
プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる