淡路で体験の旅 #1                                No.2053

1月29日(木)関西人 とくに兵庫県人にとっては 手近で小旅行
の気分が味わえる 淡路島に 一泊二日で 行ってまいりました

この時期 平日の淡路島は観光客も少なく どこへ行っても貸し切り
状態で 車も走りやすく ラッキーな小旅行でありました


tai151-1.jpg

一日目は 曇り空ではありましたが 雨は もってくれました
淡路島は そう多くの観光地もなく 行かない年はないほと 何度も
行ってるので 今回の旅行では 行き残してる もの作り体験が出来る
ところに 行ってみようと まず最初に向かったのが 淡路といえば 鯛
明石海峡大橋を渡ってすぐのインターを降り 岩屋の街外れにある
『 鯛おどる館 』での かまぼこ作り体験 でした

odoru151.jpg

淡路島といっても 橋のお蔭で 我が家から一時間あれば 到着します
朝も ゆっくり出かけましたが 『 鯛おどる館 』には11時着
前日に予約してましたが 体験希望者は マネージャーさんと二人だけ
貸し切り状態でございました まず 焼きちくわ の製造ラインを見て
二階に案内されて 体験教室に向かいます

tai151-2.jpg

tai151-4.jpg

なるほど体験じゃなくて 験か   そう 鯛型のかまぼこを作ります 

tai151-7.jpg

テーブルの上には 一人分の 材料と道具が セットされてました
大きな 包丁のようですが 刃は無いので 子供でも安心ですね
使い捨ての エプロン 手袋  帽子  を付けたら 作業開始です

あのう・・・わたし 帽子って必要でしょうか・・・(-_-;)

お父さん とりあえず 被っておいて 下さい 」なんて会話の後

いよいよ すり身を 包丁でコネてコネてを 約5分くらい 粘り気が
でたところで 鯛の金型に 押し付けるように盛ってゆきます

tai151-3.jpg

裏返して 鉄板の上に置いたら 端っこから そっと剥がすと
鯛かまぼこ が現れます あとは白いすり身で 絵付けして完成
!(^_^)v

tai151-3-2.jpg

このあと これを鉄板のまま 蒸す ので 3時間ほど掛かります

tai151-8.jpg

3時間は 待てないので 翌日の帰りに 引き取りに寄りました

上が小生 下がマネージャーさん オリジナルの 鯛かまぼこ です

お目で~ 食べるの もっないよねえ~

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる