淡路島で体験の旅 #3                               No.2055

鳴門海峡の渦潮 見学を終え 浣腸咸臨丸は 港へ戻ります
港に近づくと カモメの水兵さんの お出迎え よう働きよります

船着き場を出ると 正面に 一風変わった建物が目に入ります


jyo152-1.jpg

淡路人形浄瑠璃人形座です

ここでは毎日 一日 五回 人形浄瑠璃の公演が行われてます

人形浄瑠璃ばかりか 浄瑠璃というもの自体 見たことがなかったので
興味津々で 覗いてみました


jyo152-2.jpg

始まる前にに 人形浄瑠璃について構成や どうやって人形を動かすか
などの説明を 丁寧にして下さるので  初めてでも 楽しく観賞する
ことが出来ました 一体の人形を三人の方が 動かしておられました

舞台の袖には 三味線を弾く方と 語り手の方がおられます

jyo152-4.jpg

人形座の公演中は 撮影禁止 終わってから 人形使いの方が
客席に降りて来られ一緒に 記念撮影が 出来るようになっております
小生も 恵比寿様 から を頂いて帰ってきました

http://awajiningyoza.com/joruri/
 淡路人形浄瑠璃協会HP

jyo152-3.jpg

人形浄瑠璃の観賞も終わり 時間は 午後4時過ぎ あとは洲本に戻って

今夜の HOTEL  夢海遊 へまっしぐら

夢海遊 🎶 ホテル にゅ~ あ~わ~じ~  グループなんです

yad152-1.jpg

チェックインを済ませ 部屋まで案内してくれた 若い女の子

小平市の細貝さん ソックリだったのは ラッキーでした
( 日本エレキテル連合)


yad152-2.jpg

しかし 平日の観光地は ガラガラ  閑古鳥が鳴いておりました

この大きなホテルで 10組 泊まってたでしょうか? 静かでした

大浴場も 夜も朝も 小生の他は1名だけの貸し切り状態でした

お楽しみの夕食は タコ 鯛の お造り 淡路牛のしゃぶしゃぶ が並びます


yad152-3.jpg

毎日 こんなご飯だったら 身体も悪くなってしまうなあ ポイズンや~

yad152-4.jpg 

🐱 ねこビックリ 鯛の宝楽焼き もすっかり食べ尽してしまいました

ごちそうさまでした  もう 動けませ~ん


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
34年ぶりに長い冬眠から目覚めたTAKAのメロウなボーカルとファンキーなギター
ブルージーなハモニカ 

ロックンロールな人生を歩み続けるSHOWの
クールなボーカルとクレバーなギターが融合した
TAKA SHOWのサウンドは 
あなたのハートを奥深く
えぐります
二人の共通点は 成人病患者

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


4月2日(日)明石市西新町
「 タコたこ LIVE 」
喫茶 POT PM 13:00~
明石焼きを たこ兵衛で食べて
その後 POTでのLIVEです
アントニオTAKA & アブドラ・ザAKI
リラックス・カフェ
チャージ 1000円 + 明石焼き実費


4月30日(日)加古郡播磨町
『 春爛漫 ランチLIVE 』
Cafe&Dining Kusabe
Open 12時
ランチ付き 1700円
安全牌 春那


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


9月から始めました 自由参加型です
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
アントニオ TAKA 主宰
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~01:00頃まで 1000円
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる