淡路島で体験の旅 #4                               No.2057

淡路島 二日目 ザアザアという音で 目覚めると 外は雨でした

今日の体験予定は1か所だけなので の~んびりと朝湯に浸かって
朝食を頂いて チェックアウトすることにする

大浴場はまたまた 貸し切り状態 いったい何人が 泊まったんやろ?
小ぶりの露天風呂も ジャグジーも 独り占めで 大の字になれるし最高

朝食バイキングのレストランに行ってみると 10人ほどが朝食中
駐車場の車も 5~6台だったので そんなもんか 商売あがったりやな

和食のおかずに パンコーヒー  ヨーグルトフルーツ 食べ過ぎや


fuki152-0.jpg

AM10:00 ホテルを出発 雨の海岸線を 北上します

約1時間で 最後の体験をする 『 吹き戻しの里 』に到着

ここは TVでもよく紹介されており 以前から来たかったところです

modoshi.jpg

fuki152-1.jpg

吹き戻し って 皆さんも 子供の頃 一度は遊んだことあるでしょ

ひゅ~ って拭いたら ピーンと伸びて クルクルッって 元に戻るやつ

あれを 自分で作らせて頂けるのが 『 吹き戻しの里 』なんです
体験場は 工場に併設されています 体験料は500円と安い!
しかも 好きな柄を選べて 6本までオリジナルの吹き戻しが作れます


fuki152-2.jpg

入り口を入ると マスコットの 「 福戻し 君 」がでむかえてくれます

作り方を説明していただいた後  筒と紙筒 をたくさんの種類の中から
6種類選んで 作業に入りますが 筒に紙筒を テープで止めるだけ
そのあと 紙筒を 何回かしごいて 巻き癖をつけるだけなんです

30分ほどで 6種類の オリジナル吹き戻し の完成!楽しい~ (^^♪

fuki152-3.jpg

ひゅ~ひゅ~してるだけで幸せな気分になってくるなあ~|
昔ながらの おもちゃっていいですよねえ  

なんと全国シェアの90%を この会社が作ってるのです!

さまざまなタイプの 吹き戻しが 販売されてました
面白そうなので タイガース仕様の吹き戻し 買ってしまいましたが
よく考えたら 阪神ファンちゃうかった・・・
(-_-;)

fuki152-4.jpg

ヘルメットに仕込まれた のや ティアラの 吹き戻し も展示されてます

これ めちゃくちゃ 肺活量いりまっせ 脳の血管キレそう でした

こんど ライブで 吹き戻し 使うたろ! (^^♪

淡路島は お線香地場産業なので 線香作りを体験できる所も
ありますよ 何年か前に行ってブログにもあげたので このたびは
行きませんでしたが  これといった 景勝地の少ない淡路島 なので
体験所をセットで回る淡路島観光  お勧め致します

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる