下津井で遊ぶ #3                                  No.2068

『 むかし下津井回船問屋 』の中には 資料館  お土産物屋  食事処
が あります 北前船の寄港地で栄えた 下津井の港町が ジオラマで
展示されてました

1資料館214

回船問屋さんの 建物も再現して 建てられており 自由に見学できました

むかし下津井回船問屋 』は すべて無料で見学できます いいね!

2資料館214-2

回船問屋さんの 建物を出ると 車一台が通れるだけの細い 旧の表通り

こういう 古い漁村の風景は 小生の住んでる 播州地方の漁村でも
同じですね


8風景214-3

 北前船の寄港地で 栄えた港町だけあって 蔵のある旧家 が今でも
随所に残っておりました


6風景214-1

7風景214-2

下津井漁港の 外れにある空き地に 古い電車の車両 がありました

1991年で 廃止になった 下津井電鉄線の 名残ですね

のすたるじ~~ やあ~

http://www.shimoden.co.jp/hisory/ 


9風景214-4 

ぶらぶら歩いてると 乾物を売ってる お店を発見!

お婆ちゃんと おばちゃん が 店番をしてました が この おばちゃん
商売上手で  どれもこれも ひとつずつ手のひらに載せてくれて
味見をさせてくれます これって嬉しいやん! 買うてまうやん!

買うて帰ってどれでも 五つで1000円  」

安いがなあ 小生も この声に のせられて たくさんの中から
五つ選んだのですが お金を払うとき よ~く考えたら

一袋 どれも200円 なので ふつうやん!

うまいこと言いますなあ~ 五つ1000円 嘘は言ってません

(-_-;)  でも 味見したら どれも美味しかったです (^O^)/


3土産214-3 

生ワカメ も2パック買って帰り しゃぶしゃぶ に して食べました

4土産214 

この乾物も 全て 下津井産 六つ買って 1200円 でした (笑)

5土産214-1 

2時間掛けて行って 2時間遊んで 2時間で帰って来ました

いいとこ 下津井 楽しいドライブでした



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
34年ぶりに長い冬眠から目覚めたTAKAのメロウなボーカルとファンキーなギター
ブルージーなハモニカ 

ロックンロールな人生を歩み続けるSHOWの
クールなボーカルとクレバーなギターが融合した
TAKA SHOWのサウンドは 
あなたのハートを奥深く
えぐります
二人の共通点は 成人病患者

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


4月2日(日)明石市西新町
「 タコたこ LIVE 」
喫茶 POT PM 13:00~
明石焼きを たこ兵衛で食べて
その後 POTでのLIVEです
アントニオTAKA & アブドラ・ザAKI
リラックス・カフェ
チャージ 1000円 + 明石焼き実費


4月30日(日)加古郡播磨町
『 春爛漫 ランチLIVE 』
Cafe&Dining Kusabe
Open 12時
ランチ付き 1700円
安全牌 春那


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


9月から始めました 自由参加型です
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
アントニオ TAKA 主宰
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~01:00頃まで 1000円
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる