昭和ロマン漂う 柵原  # 1                                  No.2258

oka8-1.jpg


8月22日(土)岡山県久米郡美咲町 柵原 に行って来ました

鉄道マニアでも 撮り鉄でもないのですが 昭和生まれ の人間でございます
昔の鉄道を見ると 郷愁を感じるのでございます 昭和マロン なあ~

         ( クリかいっ ‼  が 正しい ツッコミですよ )


柵原鉱山の町として栄えた 柵原には 『 柵原ふれあい鉱山公園 』が ございます
ここに来るのは 10年振りくらいかな? この公園では 鉱石の輸送手段として
活躍した 片上鉄道車両駅舎が保存されてます

oka8-2.jpg

oka8-3.jpg

🎶  線路は 続く~よ~ どこまでも~ 野を越え 山越~ 谷 越えて

   遥かな町まで 僕たちの          楽しい 旅のゆめ 繋いでる~


oka8-4.jpg

oka8-5.jpg

1991年(平成3年) 廃線になった 片上鉄道 吉ヶ原 の駅 もそのまま

oka8-6.jpg

片上鉄道保存会 というのがあって 第一日曜日には 黄福駅 ⇔ 吉ケ原駅
の間を 展示
運行してるようで 鉄道マニアの方達には 人気があるようですよ

http://www.ne.jp/asahi/katatetsu/hozonkai/  詳しくは HPでどうぞ

oka8-7.jpg

鉄道マニア でもない 小生が ここに来る理由  じつは 実は 週刊実話

何を隠そう 以前は 鉱物マニアだったので 鉱山結晶鉱物

興味を捨て切れないからなのでした  ということで次回

柵原鉱山資料館 の巻  乞うご期待

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる