共存する街                                            No.2260

siden8-0.jpg

8月22日(土)午前中は 柵原鉱山資料館に行って 片上鉄道跡を見て
 
午後からは 岡山市内に向かい 念願の 市電に乗って来ました

siden8-1.jpg

市内に入って 最初に見に入ってきたのが この最新型の市電でした

siden8-1-1.jpg

MOMO2という名の最新型電車 ヨーロッパの街並み でよく見かけますねえ

すんません ヨーロッパ 行ったことありません・・・広っぱ ならあるけど

(  ぱ~ だけやん!  これが正しいツッコミ  さらっと流さないように )

siden8-2.jpg

唯一の二両編成 中も長椅子ではございません お洒落ですねえ

岡山市電は 岡山電気鉄道(株) って会社が運営してます

http://www.okayama-kido.co.jp/tramway/iroiro.html

100円と140円の区間がありました この度は時間もなかったので

城下駅の地下駐車場に車を停めて 城下 ⇔ 岡山駅前 の間を往復してきました

Map8.jpg 

市電の便利なところは 10分も待たないうちに 次の電車がやって来ます

まさに 市民の足ですねえ  長崎市電は系統も多いからか 2分間隔くらいで

市電が走ってました どれに乗ってもいい ってわけじゃないけどね

siden8-2-1.jpg

siden8-2-2.jpg

なんといっても 特等席は 運転手さんの後ろですよねえ~ 童心に帰って

siden8-3-1.jpg

 地域の会社のCMだったり 1両ごとに ラッピングが違うのも楽しめます

siden8-4.jpg

夏の期間 MOMO2 に乗っての 『 ビアガー電 』なんてのも走ってるようです

http://www.okayama-kido.co.jp/tramway/news_w/pg120.html

siden8-3.jpg 

小生の 小・中学生の頃までは 神戸にも チンチン電車の愛称で 市電が走って

ました 出掛ける時は 市電でした  チンチン電車に乗るのが大好きでした

モータリゼーションの波に 押し流され 邪魔者扱い を受け 廃止された多くの

路面電車 今でも車社会と共存しながら生き続けて来た 各地の路面電車

CO2も 排出しないし ECOですやん いつまでも残ってほしいですね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おかやま・・・

岡山県人のアタシ・・・

倉敷市在住で、岡山の市電には、3年に1回乗ればいい方で・・・

あんな「最新型」には乗ったことがございません~・・・

・・・にしても、色々と「おかやま」の「ええとこ」を紹介していただき、ありがとうございます~・・・

全岡山県人を代表して、お礼を申し上げます~(笑)・・・

そう言えば、今年の「倉敷ライブツアー」は無理そうですか??・・・

たばささん

ほんとはね ベンガラの町 吹屋を目指して
出発したのですが 自宅からだと250Km程
3時間半くらいかかるってナビ様がおっしゃるので
津山で 断念して 以前行ったことのある柵原鉱山に
目的を切り替えたのです で 市電にも乗ってみようと
岡山って お隣の県なのに 兵庫県とは全然雰囲気が
違っていて大好きです

倉敷ツアー 今年もって声を たくさん聞くのですが
参加費(交通費)が高くつくので 無理かもしれません・・・(-_-;)

ざんねん~・・・

「交通費」・・・「難敵」ですなあ~(笑)・・・

音楽舘も「会員制度」の廃止で、僕みたいな「年1回ライブ開催が関の山」の者には、「1ライブ=3万円」の高い壁が立ちはだかっています~(泣)・・・

「たばさファン」も「少数精鋭」になってしまい、「1,000円チケット」もよく売れて「10枚」の状態で(哀)・・・

「倉敷ライブツアー」・・・「たばさ」さんが、「チケット50枚完売」の状況になったら、またご検討くださいませ~・・・TAKAさんに「2万円」のギャラが払えますから「交通費」の足しになるかと・・・「ファン獲得」に向けて精進します~(笑)・・・

そうそう~「FMーGENKI」・・・TAKAさんの次は「うなぎ1号」さんだったんですねえ~・・・「凄い経歴」に感服しました~・・・

No title

希望者が多くて バスチャーターするとなると
12万 + 通行料 でしょ スタジオ代 弁当等の経費
なんやかやすると 一人頭の参加費がね・・・(-_-;)
少人数でマイカーなら 問題ないのですが
ギャラは要りませんから (笑) 双方で 30人集めて
やりたいですねえ
プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる