『 町のギター屋さん 』 は 竜宮城だ                              No.2265

高砂市 銀座商店街の中にある 『 町のギター屋さん 』ちょっと変わった店

matino-2.jpg

なにが 変って お店が開くのは 平日は 夜の8時頃からなんです

休日は お昼頃から開くようですが 電話をすれば 開けてくれますよ

店主さんの本職は カメラマンギター屋さんは 趣味なんですって

matino-3.jpg

ギターの 修理屋さんですが 店内には たくさんの中古ギターが置いてあります

先日 使いにくかった GIBSON SJ - 200 を持ち込んで 弦高の調整等

してもらいました 他にお客さんも居なかったので 待ってる間にして頂けました


時間を忘れて ギター談義や世間話をしながら  4時間ほど遊んでました

matino-1.jpg

ギターが 目の前にあったら 触ってみたくなるのが 永遠のギター少年です

キャバクラに 通う スケベ親父 の気持ちも同じなのかな?

あれやこれや たくさんのギターを 触られてもらいましたよ (^_^)v

そうこうしてる間に 気に入ったのが 真っ白な エレキギター でした

もっと触ってぇ~ わたしを 連れて帰ってぇ~ 

なんて 悩ましい声をあげるものだから・・・(-_-;)

今以上 ギターが増えてもなあ・・・ そこで 閃いた

2本処分して 1本連れて帰ったら マネージャーさんも 怒らないだろう

matino-4.jpg


唄金道場が 終わっての帰り道 ( 道場の近くです )お店に寄りました

夜の10時を回ってましたが まだまだ お店は開いてましたよ (^_^)v

使うこともない 眠ったままのギターを二本 引き取ってもらって

色白の うら若いエレキギター を お持ち帰り~~

この日も 日付が変わるまで 遊んでました ここって 竜宮城 やなあ~


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる