ついに クジラと遭遇!感度の一日                              No.2286

10月18日(日)19日(月) またまた南国土佐に行って来ました

四度目の正直 で ついにやりました (^_^)v 船が出たぞ~~~

hogei10-1.jpg

昨年から 通い始めた 土佐湾 ホウェールウォッチング  過去の三度
天候不順 台風の余波で 出船さえ出来ずに 高知観光をして帰る の繰り返し
しかし 今回は 台風 24号25号も 日本のはるか遠くにあり たぶんOKだろう
と はやる心を抑えながら 今回も 6名で 高知県宇佐市 まで行って参りました

前日18日は 大歩危小歩危 祖谷のかずら橋 観光 お昼は 久礼大正市場
美味しいカツオの刺身や イサギ トビウオ アオリイカの刺身を堪能
腹ごなしに みかん狩り を楽しみ たっぷり遊んだあと 夕方 国民宿舎土佐
到着した土佐(とさ)

翌朝 早朝 部屋から見える絶景の土佐湾は 波も穏やかそうで 条件はGood !

日の出じゃ 日の出じゃ 日の出 本みりん じゃあ~  なんのこっちゃあ~

hogei10-2.jpg

国民宿舎土佐から ホウェールウォッチングが出る 港までは10分ほど

hogei10-3.jpg 

お客さんは 約30名ほどでした 3隻の船に分乗して AM 8:00 いざ出港

hogei10-4.jpg

山に上に見えるのが 国民宿舎土佐です 絶景です 安い です ボロいです (笑)

同じ敷地に隣接してる ヴィラ・サントリーニお洒落です メッチャ高いです

hogei10-5.jpg

 沖に出ると 台風の影響か うねりはけっこうありました 瀬戸内海の波とは違い

波と波のスパンが 非常に大きいですねえ そんな波を乗り越えて 全速力で

ポイントにまっしぐら ほとんど土佐湾の出口付近まで 約1時間半掛かって

突き進みます 直線距離で約56Km そこからクジラ・イルカを求めて
 
東へ西への大移動  帰港予定は PM 13:00 洋上5時間の移動は 小舟に

慣れていない方は 大変です 回りに全く船影もない 見渡す限りの海です

酔い止めを飲んでいたのに マネージャーさんは リバースを 繰り返してました

ブイ 

魚影を求めて 走り回りましたが まったく それらしき姿も見えずに 時間だけが

むなしく過ぎてゆきます 12時頃には帰らないと 13時に港に帰れません


hogei10-6.jpg

船上には 諦めのムードが漂います 前日は まったく何も見れなかったようです

前々日は 二頭の 親子連れ ニタリクジラと遭遇したとのことでしたが・
・・(-_-;)

その時 突然船上のマイクで 船長さんの声が

「 あと 2分ほどで ゴンドウ と ハナゴンドウの 群れに 到着します 」

ゴンドウ
といえば クジラ  バンドウ英二 一気に明るいムードに

gond10-0.jpg

全速で飛ばしていた船が 急にスローダウンしたその時です

目の前に 数頭の バンドウクジラの群れが 見えました
gond10-3.jpg 

大歓声が上がります 大きさは イルカと違わない 小型のクジラですが

イルカとは違い ゆったりとした泳ぎです また ハナゴンドウは 身体が部分的に

白いので 違いがわかります 約 3~10頭の 群れが あちこちに現れては潜りを

繰り返してました 約1時間余り 大海を悠々と泳ぐ クジラの群れを見ることが

出来たのです

gond10-2.jpg 

スマホと カメラの 両方で 取ったのですが 後で見てみると カメラは露出が
合ってなく 全滅でした うえ~ん (-_-;) fb用に スマホで撮った写真です
gond10-1.jpg 

初めての出船 初めてのウォッチング体験で 小さいけれど クジラに会えたのは

ラッキーであり 大きな進歩でした

 GON10-1.jpg 

土佐沖では ニタリクジラ 数100頭イルカの群れを 見ることが出来ます

来年も ニタリクジラとの遭遇に期待して チャレンジしたいと思います

nitari10.jpg 

帰る間際まで 全力で クジラとの遭遇を演出して下さった 船長さんに感謝です

帰港予定時間を 1時間以上も 延長して下さいました おおきにです

船長 

 
http://usaww.jp/pc/ 宇佐ホウェールウォッチング の HP
 

http://www.e-kujira.or.jp/kujirapedia/   クジラのことについての HP

夢とマロンに 包まれた ホウェールウォッチング 楽しかったです

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
34年ぶりに長い冬眠から目覚めたTAKAのメロウなボーカルとファンキーなギター
ブルージーなハモニカ 

ロックンロールな人生を歩み続けるSHOWの
クールなボーカルとクレバーなギターが融合した
TAKA SHOWのサウンドは 
あなたのハートを奥深く
えぐります
二人の共通点は 成人病患者

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


4月2日(日)明石市西新町
「 タコたこ LIVE 」
喫茶 POT PM 13:00~
明石焼きを たこ兵衛で食べて
その後 POTでのLIVEです
アントニオTAKA & アブドラ・ザAKI
リラックス・カフェ
チャージ 1000円 + 明石焼き実費


4月30日(日)加古郡播磨町
『 春爛漫 ランチLIVE 』
Cafe&Dining Kusabe
Open 12時
ランチ付き 1700円
安全牌 春那


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


9月から始めました 自由参加型です
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
アントニオ TAKA 主宰
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~01:00頃まで 1000円
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる