せこガニ掴み取りに挑戦!  No.2310

12月5日(土)仕事は休み!  早朝5時起きで 一路 但馬 香住漁港

目指すは AM 8:30開場の 『 大漁かにまつり 』だ!

まずは 情報を提供してくれた マネージャーさんの妹を迎えに 小野市まで走り
AM 6:10 いざ香住へ  目標到着時間 AM 8:30 山陽自動車道 小野ICから 姫路
向かい 播但自動車道を経由して 北上する予定が  やらかしてしまう (-_-;)
車中 よもやま話に夢中になり過ぎ 姫路の 分岐点ICを 通り過ごし やむなく
ひとつ先の 姫路西IC まで行って Uターン Oh my god !約30分ロス

seko-0-1.jpg 

AM 9:00 予定通り というのか? 香住漁港 『 大漁かにまつり』会場に到着

seko-0-0.jpg


少し出遅れてしまったが まだまだ 阪神間からの お客さんは少ないようで 一安心

会場は カニ かに 蟹 であふれかえっておりまする~



seko-8.jpg 

seko8-1.jpg 

おまつりとはいえ やはり オスの 松葉ガニ ええお値段が 付いてござる

小市民の 我々三人が 早朝から 香住くんだりまで来たのは 高い 松葉ガニ

少しでも安く手に入れよう なんて ケチな魂胆ではござらんのよ


seko-8-2.jpg 

目指しておるのは セコガニ いわゆる 学術的に申せば メス松葉ガニ 

お腹に抱えた外子 と 甲羅の中にある 朱色の内子  こんな うみゃ~ものが
この世に存在して いいのだろうか ってくらい 美味しいや~ん 
この セコガニ手づかみGET できるって~のだから わざわざ 香住くんだり
まで
三時間掛けて来るだけの 価値は十分あるって寸法よ (^_^)v

しかし 30分の出遅れは痛い‼ セコガニ掴み取り のコーナーは 長蛇の列
カニが無くなり次第終了との張り紙に ドキドキ ヒヤヒヤしながら
列の最後尾に並ぶ


seko-1.jpg 

ではここで セコガニ掴み取り のルールを説明しよう

参加者は 順番が来ると まず 一人1500円の参加料を払う

そして おもむろに ググッと 腕をまくり上げ 活きたセコガニが おわす水槽に
ザクッと手を突っ込み 後は セコガニ様を手繰り寄せ クレーンゲームの如く
グワッシっと セコガニ様を 掴めば  腕を引き上げ GETする ってえ寸法さねえ

しかし 敵も さるもの 引っ掻くもの 簡単に掴めないよう 水槽には 氷の塊
入れてあり その水の冷たいことはどうですか 

カニは 減ると補充してくれるので 水槽の中に カニは いっぱい
入ってます
 多い人では 12~3匹 も掴み取る 強者もおるらしい 

しかし貰えるのは 一回10匹まで でも安心 
もし 1匹しか 掴めなくても 4匹
貰えるので 1500円払って参加する値打ちは 十分にござるのだ

seko-2.jpg 

並ぶこと 30分ほど で順番が回って来た やったぜベイビー (古~う)

手を突っ込むと 水 冷たい~~~ 時間は無制限なのだが・・・

ここは 欲と二人連れ 今夜の夕食の為にも気合を込めて 真剣勝負や!

seko-3.jpg 

事前に 必勝法は 小耳に挟んでおりました 皆様にも こそっと教えます

カニを手繰り寄せたら 足の部分を 少しづつ指の間に挟んでゆきます

出来れば 一番細い
小指?ばかりを掴むのがいいらしいが初心者には難しい

こんな感じで 引き上げますよ 決して甲羅を掴んではダメです

たまに 爪で挟まれますが メスなので 甘噛み程度 痛くありません

seko-3-1.jpg 


それでは 今回の結果報告です マネージャーさん 7匹  小生 8匹 GET
二人で 15を 獲得  3000円で 15 ってことは 1匹 200円
楽しく遊んで セコガニ様が お安く手に入る 3時間掛けて来る値打ちは
十分にありました 因みに 妹は なんと11匹 掴んで10匹持ち帰りでした

seko-4.jpg 

目的を達成した後は セコガニの味噌汁 200円を食べました yo
セコガニが 半身入ってますが 出汁は出切ってるので 味噌汁は美味い
カニは さほど美味しいとは言えませんね

seko-9-1.jpg 

焼きガニ の無料配布に並んで 焼きガニ(松葉ガニも頂きました ラッキ~

seko-9  

焼き鯖干物 などの海産物を買って 眠気と闘いながら 帰って参りました

帰って来ても まだセコガニは 生きておられました 泡噴きながらも


seko-10.jpg 

早速 蒸しカニ にして 家族4人で 夕食のおかず 小生は4匹喰ったさ !

seko-a.jpg 

そりゃあもう 美味しくいただきました  セコガニ ありがとう

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる