宮津の富田屋 が凄過ぎた話                                 No.2491

5月14日(日) 特に用事の無い日は いつもの思い付きドライブ

エンジン掛けて 車を走らせてから さて どこへ行こう?

そんなドライブが好きなのである

宮津の 富田屋(とんだや)がいいよ!って話を思い出して

急遽 播但道を 和田山ICで降りて 京都方面に向かった
 

tonda-1.jpg

下調べも なくナビ頼りで JR 京丹線の 宮津駅前の 富田屋を目指した

すぐにわかったが なにやら表には たくさんの人が 待ってる様子

順番待ちのボードに 名前を記入して 待つことにするが

なにを 食べさせてくれるのかも わからないまま 順番は 6組待ち

まあ 6組くらいなら 待ってみよう と 思わせる何かがある お店だった

( 普段なら 待ってでも食べようなんて まず思わない 別の店にします )

富田屋さん 昭和レトロな雰囲気で まさに大衆食堂風である


tonda-2.png

ほどなくして 名前を呼ばれ 中に入った 13:30と 昼時を過ぎてるのに

満席で 人気店なのがわかる よそのテーブルを チラ見して 皆さん何を

注文してるのか 偵察する 昼間から 酒盛りのグループの前には

大皿に盛られた お造り! 日本海の 海の幸満載 ってやつだ

ノドグロの塩焼き 造り の注文も多かったなあ  錦織 圭 効果かな?

tonda-3.png

さて 何を注文しようかと メニューを 見ると 安いがなあ~

これは 安心して 注文できるやん !

マネージャーさんは あら煮定食アサリ貝焼き を注文


tonda-4.jpg

一品物も お手頃価格ですやん で 小生は 迷わず

お造り盛り合わせ  岩ガキ  小御飯  アサリすまし汁

そして 迷った末 ホルモン焼  この アンバランス感が たまらんね


tonda-5.jpg

冬季の 鍋物も 安いですなあ~  店主 ほんとにこの値段でいいのか?

tonda-6.png

あとで わかったのだが 通は 黒板の お勧めから 注文するらしい

tonda-7.jpg  老眼鏡いる ちゅうねん!

 お造り盛り合わせ 登場 凄いやん! これで1人前

tonda-8.jpg

サザエ 赤貝 甘エビ アオリイカ ハマチ  サバ サヨリ ノドグロ?

8種類の 活きのいい お造りに 感動っす!

tonda-9.png

岩ガキ もプリップリ で 旨かああ~~(2個1.050円)

tonda-10.jpg

アサリの 貝焼きも 大粒で プリップリ

tonda-11.jpg

tonda-12.png

あら煮定食 に至っては どうよこの ボリューム 

これで 540円って 凄過ぎるぜ  店主 ほんとにこの値段で いいのか?

tonda-13.jpg

DSCF9862.jpg 

ホルモン焼 も 旨かったがなあ ( 牛レバー と 砂肝 でしたが・・・)

これだけ食べて 二人分で 4000円! 安過ぎまんがなあ~

DSCF9864.jpg 

片道 3時間掛けて 行く値打ち アリ! のお店でした

富田屋さん は 二階で宿泊も 出来ます

2食付きで 5000円って  店主 ほんとに この値段でいいのか?


BP-2.jpg  BP-1.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる