野添北公園 鯉物語                                        No.2507

先週は 野添北公園の 今年二度目の 池の大掃除でした

3月に行った時より 鯉たちも一回り大きくなったようでした

IKE-AM 2

池の循環ボンプを止めて 排水バルブを開けて 早朝から水を抜きます

8時半には バキュームカーと ボンプ車が到着 池洗いの準備です


IKE-AM 1

上流 起点の滝から 高圧洗浄機で 洗ってゆきます

IKE-AM3.png

最終点の 下ノ池 では 水が抜けるのを待って 鯉の救出作業に入ります

IKE-AM4.png

青天の霹靂 昨日までゆったりと過ごしていた池の水が無くなって行く

鯉達も 必死で逃げ回ります 業者の人が二人係で 追いまわし

仮設のプールに 移し替えてゆきます 必死で逃げ回る 鯉

なかなか 思うように捕まってくれません 小さなフナや メダカといえば

排水溝から 流されて 運が良ければ 生き延びて川にたどり着く

それは ほんの一握りのようです 可哀想だが 全部を救出は無理なんだ

IKE-AM5.png

小さな フナやメダカも ほんの少しは 救出されましたが

約8時間 ここで 生き延びたら また広い池で 泳ぎ回れるんだけど


IKE-AM 6

3月の時 大きな鯉は 16匹 だったと思うのですが

今回は 21匹 確保できました


IKE-AM 7

池の底に 沈殿していた 泥や 落ち葉をすっかり洗い流したら
 
排水ポンプの フィルターも掃除します 実は このところ フィルターが

詰まってしまってたらしく 水の循環が悪く 汚れもひどいばかりか

滝の水も水量が減り 池の水位も下がってしまってたんです


 IKE-AM7.png 
 
フィルターの掃除も終わり これで大丈夫のはず ここまでに6時間

いよいよ 給水の開始です 夕方6時になって やっと10Cm程の

水位になったところで 鯉達を 池に 戻してあげます

今夜は 一晩中 バルブは開けたままで 給水を続けます


IKE-AM8.jpg

夜9時に 公園に行ってみました

夜の公園って なんだかエキゾチックじゃ 有馬温泉

オッサンが一人 懐中電灯を片手に 公園を歩いてるなんて・・・不信者

いや 仕事 仕事 ! 今日は 黒のジャージ上下でゆくのは 止めましたけど


IKE-PM01.png

水位も 20Cm ほどに回復して 鯉達も 群れを作って泳いでました

朝には 滝に送る水タンクの方も 満タンになるでしょう

しかし 残念なことに 弱っていた1匹が お亡くなりになってました

ア~メン

IKE-PM02.png

翌日 すっかり 池の水も満たされ 鯉達も 安心して泳いでました

IKE-PM03.jpg 

人工の滝 人工の渓流 人工の池  どうしても汚れますよねえ

ここ 野添北公園には ホタルの里 もあって こちらも人工的な水系ですが

10年ほどの歳月を掛け 努力の結果 数年前から ホタルが

飛ぶようになりピーク時には 150頭ほどの ホタルが飛び交います

シーズンになると 毎晩 役場の担当の方が 数を数えて 情報がFAXで

流れてきます  お疲れさまです


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


じんわり大人の集い
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる