FC2ブログ

春の池洗い                                          No.2650

3月15日(木)暖かい日差しの中 早朝から 春の池洗い をしました

池の循環ポンプを止めて 排水バルブを開けて作業の始まりです

315みち 01

野添北公園の ウリモノのひとつが 滝から流れ落ちる水が 渓流を流れ

最終の日本庭園の池に流れ込むという 壮大な
水のスペクタル ?

滝の上流にある 給水口 ここからすべてが始まります

よって 掃除の第一歩も ここからが始まりです

315みち 02

滝の水も 止まりました  最終の池から 徐々に水が引いてゆきます

315みち03

あとは 池の底に溜まった 泥や落ち葉を 洗う洗う ひたすら洗う

315みち04

小魚がいようが エビがいようが おかまいなしや 洗う洗う!

ものすごい勢いの水圧で 池を洗ってゆきます

運のいい小魚やエビは 水圧で飛ばされ 排水溝から川へ流れてゆきます

315みち 05

底は コンクリートなので 洗えば美しくなりますが

水草もないので ひと月も経てば また水は汚れてしまいます

ろ過フィルターを 通って 見た目はきれいな水になるのですが

どうでしょう?  このシステム 小生は 好きじゃありません 

自然の循環とは かけ離れてます

最終池の 真ん中にある 四角いホール まさにブラックホール

運のいい 小魚たちは ここに吸い込まれて 何処に行着くのでしょう


315みち06

最終池には 大きな鯉がいます

水が無くなる前に この子達の救出作戦が始まります

全員救出し 16匹が 仮プールに移されましたが 洗いが終わり

また 池の水が鯉の泳げる水位まで戻るのは 夜のことです


315みち 07

残念ながら その間に 3匹がお亡くなりになり

残りの 13匹は 元気に?池に戻って行かれましたが

翌朝 行ってみると もう1匹 昇天されておりました

この4匹は 丁重にビニール袋に入れて ゴミと一緒に焼却場に

運ばせて いただきました 次回の清掃は秋口です

その頃になると 不思議と また小魚が増えてるんですねえ

どこから来るのかなあ? 鯉以外は 生き残ってないはずなのに

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
子供の頃からアントニオ猪木さんの大ファンがゆえに
ステージネームを アントニオTAKAにしてしまった男
定年退職後 新たな職場で
奮闘努力する日々や
ライフワークの音楽に勤しむ日々を綴ったBlogです
BLUESが大好きですが
節操もなく なんでも歌います
自分で言うのもなんですが
歌も ギターもそこそこです
ただし ステージの楽しさは
誰にも負けませんよ(^_^)v
キャッチコピーは
「 燃える闘魂 アントニオ 猪木
消える毛根 アントニオ TAKA 」
ヨロシク!

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


毎月 最終の金曜日の夜は
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~早ければ 01:00頃まで
  客も演者も 参加費1000円
但し 一品オーダー願います
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる