昭和ロマン漂う 柵原  # 1                                  No.2258

oka8-1.jpg


8月22日(土)岡山県久米郡美咲町 柵原 に行って来ました

鉄道マニアでも 撮り鉄でもないのですが 昭和生まれ の人間でございます
昔の鉄道を見ると 郷愁を感じるのでございます 昭和マロン なあ~

         ( クリかいっ ‼  が 正しい ツッコミですよ )


柵原鉱山の町として栄えた 柵原には 『 柵原ふれあい鉱山公園 』が ございます
ここに来るのは 10年振りくらいかな? この公園では 鉱石の輸送手段として
活躍した 片上鉄道車両駅舎が保存されてます

oka8-2.jpg

oka8-3.jpg

🎶  線路は 続く~よ~ どこまでも~ 野を越え 山越~ 谷 越えて

   遥かな町まで 僕たちの          楽しい 旅のゆめ 繋いでる~


oka8-4.jpg

oka8-5.jpg

1991年(平成3年) 廃線になった 片上鉄道 吉ヶ原 の駅 もそのまま

oka8-6.jpg

片上鉄道保存会 というのがあって 第一日曜日には 黄福駅 ⇔ 吉ケ原駅
の間を 展示
運行してるようで 鉄道マニアの方達には 人気があるようですよ

http://www.ne.jp/asahi/katatetsu/hozonkai/  詳しくは HPでどうぞ

oka8-7.jpg

鉄道マニア でもない 小生が ここに来る理由  じつは 実は 週刊実話

何を隠そう 以前は 鉱物マニアだったので 鉱山結晶鉱物

興味を捨て切れないからなのでした  ということで次回

柵原鉱山資料館 の巻  乞うご期待

三度目の正直なるか # 2                                   No.2244

1436872332799.jpg

バンザ~イ 三度目の正直で やっと見れた クジラの親子

って    これかあ~い (-_-;) 

まあ 結論からいうと 台風11号の接近なのか 9号の影響なのか

沖は 3~5m うねりがあるってことで 🐋 クジラウォッチング

今回も撃沈 解ってたんですが 旅館のキャンセル料がもったいなくて) 

tosa-2.jpg

今夜のお宿 到着! ビラ・サントリーニ 一泊 2万円

tosa-2-1.jpg

同じ経営で 同じ敷地にある 国民宿舎 土佐 一泊 5800円 (-_-;)

tosa-1.jpg

部屋にトイレ・バス は ごじゃいまてん が 景色は同じやも~ん

しかも ビラ・サントリーニが 見える特典付き  文句あるか!

tosa-4.jpg 

なかなかの絶景でしたyo 土佐湾べた凪 クジラは何処~

tosa-3.jpg

5800円では もちろん 夕食は付いてございまてんyo・・・(-_-;)

で こんなところで 夕食を 海賊料理 と洒落込みました yo

syoku7-1.jpg

たくさんの生簀があって 伊勢海老 貝類が 活かしてございます

syoku7-3.jpg 

刺身も 新鮮ですが 漁に出れてないとかで 種類は少なかった

syoku7-2.jpg

豪快に 焼いて 喰った ら 一人 〆て 5000円 (@_@)  高っけ~ 

tosa-5.jpg

国民宿舎 土佐 周辺は 景色は最高で いいところでした yo

9月か 10月に 再度の リベンジ を誓い合ったのでした

クジラの モニュメントが 見れただけでも 一歩前進だったかな


働き 遊ぶ                                          No.2084

5日間 一生懸命働いて 2日間 全開で遊ぶ

そんな生活をしております (^。^)y-.。o○

ksk-0.jpg 

とはいえ 60歳で定年退職をし 9か月間 遊んでいたツケ
大きいのであります・・・(-_-;)  ほんとにいい会社に 再就職できた
のでありますが 初めて経験する職種ゆえ 慣れるのに苦労してまっせ

朝 5時半起床 会社に着くのが 6時半 早速 仕事に取り掛かります
お薬を 病院や 調剤薬局に お届けするお仕事 なのですが
最近の配達システムは スピード化してますなあ 前日の19時までに
注文して頂いた商品は 翌日の午前中には 配達完了
その日の 12時までの注文は 夕方までに お届けするって お約束

このシステムに 追われまくってます・・・(-_-;)

朝 自分のディスクには 前日の注文伝票の山  こいつを ユーザー毎に
配達順に 整理し センターから届いてるお薬の山から 選び出し
配達順に コンテナに詰め込んでゆく作業を 8時半には
終わらせないと 午前中の納品に間に合わないのです (ノД`)・゜・。

12時には帰社して 昼食 午後の便が センターから届くのが13時半
それまでに 午後の伝票整理をして 検品して 14時半には 出発
しないと 夕方までに配達が出来ないのよねえ~ (-_-;)

ksk-2.jpg

伝票と照らし合わせての 薬の検品 整理 積み込み ここで間違うと
倍も 三倍も 時間を費やしてしまいます この作業が全てなんです
聞いたこともないような 薬の名前ばかり・・・(-_-;)

人より早く出社しても 出発は いつも一番最後なのです
くそ~

ksk-4.jpg

ksk-3.jpg

しかし 日本人 薬 飲み過ぎ ちゃいまっか!

まあね そのお蔭で 今の職に ありついてまんねんけどさ

ksk-6.jpg

なんとか 今日も 無事終わりますように と願いながら出発

ksk-8.jpg

夕方 ( 夜か )会社に戻って 伝票整理が完了するのが 6時半頃
コマネズミ
のように 12時間 ほぼ休みもなく働いてまっせ !
慣れれば どってこともなく 早く終れるんでしょうがね

今まで 楽して たくさんのお給料を 頂いてたんだなあ~
って 切に感じる 今日この頃でありんす (笑)

さあ 今週も頑張って働いて 

週末は LIVE三昧やあ~


下津井で遊ぶ #3                                  No.2068

『 むかし下津井回船問屋 』の中には 資料館  お土産物屋  食事処
が あります 北前船の寄港地で栄えた 下津井の港町が ジオラマで
展示されてました

1資料館214

回船問屋さんの 建物も再現して 建てられており 自由に見学できました

むかし下津井回船問屋 』は すべて無料で見学できます いいね!

2資料館214-2

回船問屋さんの 建物を出ると 車一台が通れるだけの細い 旧の表通り

こういう 古い漁村の風景は 小生の住んでる 播州地方の漁村でも
同じですね


8風景214-3

 北前船の寄港地で 栄えた港町だけあって 蔵のある旧家 が今でも
随所に残っておりました


6風景214-1

7風景214-2

下津井漁港の 外れにある空き地に 古い電車の車両 がありました

1991年で 廃止になった 下津井電鉄線の 名残ですね

のすたるじ~~ やあ~

http://www.shimoden.co.jp/hisory/ 


9風景214-4 

ぶらぶら歩いてると 乾物を売ってる お店を発見!

お婆ちゃんと おばちゃん が 店番をしてました が この おばちゃん
商売上手で  どれもこれも ひとつずつ手のひらに載せてくれて
味見をさせてくれます これって嬉しいやん! 買うてまうやん!

買うて帰ってどれでも 五つで1000円  」

安いがなあ 小生も この声に のせられて たくさんの中から
五つ選んだのですが お金を払うとき よ~く考えたら

一袋 どれも200円 なので ふつうやん!

うまいこと言いますなあ~ 五つ1000円 嘘は言ってません

(-_-;)  でも 味見したら どれも美味しかったです (^O^)/


3土産214-3 

生ワカメ も2パック買って帰り しゃぶしゃぶ に して食べました

4土産214 

この乾物も 全て 下津井産 六つ買って 1200円 でした (笑)

5土産214-1 

2時間掛けて行って 2時間遊んで 2時間で帰って来ました

いいとこ 下津井 楽しいドライブでした



下津井で遊ぶ #1 No.2066

2月14日(土)昼前から ぶっらっと 岡山県の下津井に行って来ました

1地図下津井

 加古川バイパス ー 山陽自動車道 ー 瀬戸中央自動車道 を乗継ぎ

児島ICで降りて 下津井までは 自宅から 150Km 約2時間のドライブ

2下津井橋-1

岡山側からだと 瀬戸大橋の中で 一番最初の橋 下津井大橋の 元に
下津井の港町は ありました かつては 北前船の 風待ち 潮待ちの港
として おおいに栄えた 港だったそうです


3下津井橋-2

海を見るのが 大好きな小生には 遠くに 島々が点在し 島を繋いでゆく
瀬戸大橋 のある 風景は 最高に嬉しい風景ですね


4下津井橋-3

5下津井港

下津井まで ドライブに来た目的は 北前船 で栄えた 下津井漁村の
風景が 今も保存されてる
『 むかし下津井回船問屋 』
というところ を見学することでした

下津井橋-7

6下津井橋


下津井で遊ぶ #2 に続く  明日はすごいよ 乞うご期待

淡路島で体験の旅 #4                               No.2057

淡路島 二日目 ザアザアという音で 目覚めると 外は雨でした

今日の体験予定は1か所だけなので の~んびりと朝湯に浸かって
朝食を頂いて チェックアウトすることにする

大浴場はまたまた 貸し切り状態 いったい何人が 泊まったんやろ?
小ぶりの露天風呂も ジャグジーも 独り占めで 大の字になれるし最高

朝食バイキングのレストランに行ってみると 10人ほどが朝食中
駐車場の車も 5~6台だったので そんなもんか 商売あがったりやな

和食のおかずに パンコーヒー  ヨーグルトフルーツ 食べ過ぎや


fuki152-0.jpg

AM10:00 ホテルを出発 雨の海岸線を 北上します

約1時間で 最後の体験をする 『 吹き戻しの里 』に到着

ここは TVでもよく紹介されており 以前から来たかったところです

modoshi.jpg

fuki152-1.jpg

吹き戻し って 皆さんも 子供の頃 一度は遊んだことあるでしょ

ひゅ~ って拭いたら ピーンと伸びて クルクルッって 元に戻るやつ

あれを 自分で作らせて頂けるのが 『 吹き戻しの里 』なんです
体験場は 工場に併設されています 体験料は500円と安い!
しかも 好きな柄を選べて 6本までオリジナルの吹き戻しが作れます


fuki152-2.jpg

入り口を入ると マスコットの 「 福戻し 君 」がでむかえてくれます

作り方を説明していただいた後  筒と紙筒 をたくさんの種類の中から
6種類選んで 作業に入りますが 筒に紙筒を テープで止めるだけ
そのあと 紙筒を 何回かしごいて 巻き癖をつけるだけなんです

30分ほどで 6種類の オリジナル吹き戻し の完成!楽しい~ (^^♪

fuki152-3.jpg

ひゅ~ひゅ~してるだけで幸せな気分になってくるなあ~|
昔ながらの おもちゃっていいですよねえ  

なんと全国シェアの90%を この会社が作ってるのです!

さまざまなタイプの 吹き戻しが 販売されてました
面白そうなので タイガース仕様の吹き戻し 買ってしまいましたが
よく考えたら 阪神ファンちゃうかった・・・
(-_-;)

fuki152-4.jpg

ヘルメットに仕込まれた のや ティアラの 吹き戻し も展示されてます

これ めちゃくちゃ 肺活量いりまっせ 脳の血管キレそう でした

こんど ライブで 吹き戻し 使うたろ! (^^♪

淡路島は お線香地場産業なので 線香作りを体験できる所も
ありますよ 何年か前に行ってブログにもあげたので このたびは
行きませんでしたが  これといった 景勝地の少ない淡路島 なので
体験所をセットで回る淡路島観光  お勧め致します

淡路島で体験の旅 #3                               No.2055

鳴門海峡の渦潮 見学を終え 浣腸咸臨丸は 港へ戻ります
港に近づくと カモメの水兵さんの お出迎え よう働きよります

船着き場を出ると 正面に 一風変わった建物が目に入ります


jyo152-1.jpg

淡路人形浄瑠璃人形座です

ここでは毎日 一日 五回 人形浄瑠璃の公演が行われてます

人形浄瑠璃ばかりか 浄瑠璃というもの自体 見たことがなかったので
興味津々で 覗いてみました


jyo152-2.jpg

始まる前にに 人形浄瑠璃について構成や どうやって人形を動かすか
などの説明を 丁寧にして下さるので  初めてでも 楽しく観賞する
ことが出来ました 一体の人形を三人の方が 動かしておられました

舞台の袖には 三味線を弾く方と 語り手の方がおられます

jyo152-4.jpg

人形座の公演中は 撮影禁止 終わってから 人形使いの方が
客席に降りて来られ一緒に 記念撮影が 出来るようになっております
小生も 恵比寿様 から を頂いて帰ってきました

http://awajiningyoza.com/joruri/
 淡路人形浄瑠璃協会HP

jyo152-3.jpg

人形浄瑠璃の観賞も終わり 時間は 午後4時過ぎ あとは洲本に戻って

今夜の HOTEL  夢海遊 へまっしぐら

夢海遊 🎶 ホテル にゅ~ あ~わ~じ~  グループなんです

yad152-1.jpg

チェックインを済ませ 部屋まで案内してくれた 若い女の子

小平市の細貝さん ソックリだったのは ラッキーでした
( 日本エレキテル連合)


yad152-2.jpg

しかし 平日の観光地は ガラガラ  閑古鳥が鳴いておりました

この大きなホテルで 10組 泊まってたでしょうか? 静かでした

大浴場も 夜も朝も 小生の他は1名だけの貸し切り状態でした

お楽しみの夕食は タコ 鯛の お造り 淡路牛のしゃぶしゃぶ が並びます


yad152-3.jpg

毎日 こんなご飯だったら 身体も悪くなってしまうなあ ポイズンや~

yad152-4.jpg 

🐱 ねこビックリ 鯛の宝楽焼き もすっかり食べ尽してしまいました

ごちそうさまでした  もう 動けませ~ん


プロフィール

アントニオ TAKA

Author:アントニオ TAKA
34年ぶりに長い冬眠から目覚めたTAKAのメロウなボーカルとファンキーなギター
ブルージーなハモニカ 

ロックンロールな人生を歩み続けるSHOWの
クールなボーカルとクレバーなギターが融合した
TAKA SHOWのサウンドは 
あなたのハートを奥深く
えぐります
二人の共通点は 成人病患者

メッセージボードα
- Information -

最 新 L I V E 情 報


4月2日(日)明石市西新町
「 タコたこ LIVE 」
喫茶 POT PM 13:00~
明石焼きを たこ兵衛で食べて
その後 POTでのLIVEです
アントニオTAKA & アブドラ・ザAKI
リラックス・カフェ
チャージ 1000円 + 明石焼き実費


4月30日(日)加古郡播磨町
『 春爛漫 ランチLIVE 』
Cafe&Dining Kusabe
Open 12時
ランチ付き 1700円
安全牌 春那


アントニオTAKA主宰の定期LIVE案内


9月から始めました 自由参加型です
加古川市日岡町にある キッチン
「やさしい男の手料理 ひなた 」で
毎月第一火曜日の PM 19:00~
『 夜の日向ぼっこ 』やってます

唄金道場の原型です
自由参加 参加費無し
但し 一品オーダー願います


毎月 最終の金曜日の夜は
アントニオ TAKA 主宰
『 唄 金 道 場 第二章 』
加古川市神吉町にリニューアルした
LiveCafe Ohana で開催してます
19:00~01:00頃まで 1000円
誰でも参加OK 飛び入り大歓迎





-- E N D --
.
.
2
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる